「タグ: 若者」の記事一覧

若者に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

想定購買層あってます? 高額なシビックやランクルが「Z世代」狙いという謎

この記事をまとめると ■ホンダ・シビックやトヨタ・ランドクルーザーはZ世代をターゲットとしている ■しかし高額となった価格帯はZ世代にふさわしいとは思えない ■メーカーのマーケティングやグローバル展開などによる事情がある...

続きを読む...

同じ「車種・年齢・条件」でも保険料が3倍違うことも! 自動車保険の金額の複雑な決まり方

自分が気をつけていても同車種に乗る他人が上げてしまうことも  自動車を所有しているのなら、保険に入ることが必要。強制保険とも呼ばれる自賠責保険は、加入していることが義務化となっている。ただし、自賠責保険がカバーしてくれる…

続きを読む...

金欠でも若者は夢を追える! たった50万円で「誇れて」「スポーティに走れる」中古車3選

スポーツモデルじゃなくても軽量ボディとMTで楽しめる!  クルマは好きだけど予算が足りない、というのはいつの時代の若者にも通じる悩みのひとつ。しかし残念ながら今のご時世、総額50万円以下で買えて維持費も安いスポーツカーは...

続きを読む...

【試乗】個性的なルックスで若者男子に大人気! 乗ればクルマ好き化不可避の三菱eKクロスの魅力とは

デリカD:5譲りの迫力あるフロントマスクで唯一無二の存在!  2シータースポーツからミニバン的に使えるスーパーハイトまで、今や豊富なラインアップで多くのユーザーに支持されている軽自動車。しかしながら、エンジンやボディサイ...

続きを読む...

やはり高齢者は事故率が高い? 1位の85歳以上に続くのは19歳以下という自動車事故の年代別割合と防止策

2番目に事故が多いのは19歳以下の若年層  最近話題の高齢ドライバーによる大きな事故の問題。高齢者のドライバーは、ほかの世代のドライバーに比べ本当に事故が多いのか? そしてどれだけ危険なのかを、公的なデータを元に、ひとつ...

続きを読む...

ピーク時よりも30%以上減少! 「卒車」に悩まされ新車の売れない日本の販売現場の危機

日本は新車販売台数もその内訳も良い状態ではない!  いまや新車販売の主要市場は中国をはじめとする新興国となっている。世界第一位の市場となった中国の2017暦年締め年間販売台数は約2800万台、2位のアメリカは1700万台...

続きを読む...

自動車保有台数も免許取得数も増加! それでも若者がクルマを買わないワケ

クルマは所有するものという考え方に変化 「若者のクルマ離れ」といわれるようになって久しい。実際問題、運転免許の新規取得数は微増(平成25年:110万1610人、平成28年:115万1434人 ※1)していたり、クルマの保...

続きを読む...

もう二度と登場しない!? 若者を熱狂させた軽くて安くて小さい国産ホットハッチ4選

「ツルシ」でも「イジっても」楽しめた若者に人気の車種たち  かつては各メーカーに1台は存在していたホットハッチ。それは実用的な小型ハッチバック車をベースに、元気なエンジンとやや固められた足まわりを持った車両であり、ツルシ.…

続きを読む...

若者のクルマ離れは「安価で面白いクルマ」がないからなのか?

そもそもクルマを所有するコストが高すぎる 「若者のクルマ離れ」というフレーズを耳にすることは多い。まずファクトとして、運転免許の保有者を見てみよう。2017年の統計データ(警察庁)によれば、20~24歳の運転免許保有者数...

続きを読む...

注目を浴びる高齢者の交通事故! ほかの年齢層に比べて本当に多いのか?

20〜24歳と70~74歳の死亡事故を起こす確率はほとんど同じ  自動車というハードウェアの進化のおかげで、ここ数年にわたって交通事故は減っている。2017年上半期のデータを見ても、交通事故による死者数は1675名と10...

続きを読む...

デイリーランキング