【試乗】個性的なルックスで若者男子に大人気! 乗ればクルマ好き化不可避の三菱eKクロスの魅力とは (1/2ページ)

【試乗】個性的なルックスで若者男子に大人気! 乗ればクルマ好き化不可避の三菱eKクロスの魅力とは

デリカD:5譲りの迫力あるフロントマスクで唯一無二の存在!

 2シータースポーツからミニバン的に使えるスーパーハイトまで、今や豊富なラインアップで多くのユーザーに支持されている軽自動車。しかしながら、エンジンやボディサイズなど、ほぼ規格いっぱいに作られているため、各社どのような個性を与えられるかがキーポイントになりつつある。

 そのなかでも、ひと際個性を放つデザインを与えられているのが、三菱自動車のeKクロスだ。アクティブなスタイリングということもあり、若者からの支持も多いという。今回試乗した、姉妹誌CARトップ編集部の井上(20代)もそのひとり。そんな若者目線でeKクロスの魅力をリポートしたい。三菱eKクロス

 フロントマスクは、オフロード走行も難なくこなすデリカD:5の印象を受け継ぐ、存在感バツグンのヘッドライトが目を引く。黄色ではなく白いナンバーを希望すれば、軽自動車とは気づかれないようなスタイリングが与えられている。これは個性を求める若者にとっても好印象なポイント。三菱eKクロス

 今回試乗に借り出したのは、レッド×ブラックの2トーン仕様。モノトーン仕様もラインアップされているが、やはり、アクティブなイメージのあるeKクロスだけに、若者は2トーンカラーを選びたくなる。レッド×ブラックのほかにも、ブルーやイエロー、アイボリーやグリーンといったアウトドアに似合いそうなカラーが目白押しだ。三菱eKクロス

 インテリアだって抜かりなし。先進的なタッチパネル式エアコン(Mグレードを除く)や、さまざまな情報を得られるインフォメーションディスプレイ付きのメーターなど、先進感もたっぷり。ガジェット感覚で使えるので、スマホに慣れているイマドキの若者ならすぐに使いこなせるのではないだろうか。三菱eKクロス

 試乗した井上も、それらに加えてオプション装備の9インチナビゲーションをお気に入りのポイントに挙げた。やはり、ドライブ中に知りたい情報が瞬時に得られるのは高ポイントのようだ。三菱eKクロス

 また、オプション設定のデジタルルームミラーも、軽自動車ではなかなか採用されないアイテム。リヤウインドウが荷物で塞がっていたり、汚れて見えづらいときでも確実に視界が確保できるため、運転に不慣れな人ほどオススメしたい装備だ。三菱eKクロス

 室内は広々という言葉以外は当てはまらないのでは? と思うほどの後席をもつ。身長170cmの井上であっても、後席スペースを拡大すれば足を組めるほど空間が広がる。これだけの広さがあれば、大人4人でのドライブも快適だろう。三菱eKクロス

画像ギャラリー