「タグ: 衝突被害軽減ブレーキ」の記事一覧

衝突被害軽減ブレーキに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマの自動ブレーキ! 必要でも作動しない&不要なのに作動する「日常あり得る」シーンとは

速度や天候などにより作動しないシチュエーションも  2021年から新たに生産される自動車に搭載義務化がはじまったAEB(衝突被害軽減ブレーキ)。  事故類型別の交通事故発生件数は、追突事故が一番多いといわれているが(平成...

続きを読む...

ドライバーの技量や意識じゃ対策不可! 「後方の衝突」に対する「安全装備」はなぜ少ない?

衝突安全と予防安全のふたつに分けられる  いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)がほとんどの新車で標準装備される時代。クルマの安全対策は、前方向ばかりで、後方からの衝突に対しては不十分なのでは? そんな疑問を持つユ…

続きを読む...

最新の安全装備付きのクルマでも事故は起こる! ユーザーが肝に銘じておくべき正しい知識とは

完全に衝突回避できるシステムではないことが知られていない  ブレーキとアクセルの踏み間違いによる悲惨な事故が未だに後を立たない。以前は運転アシスト機能付きの最新モデルが普及することでこのような事故の発生は減少していくと期…

続きを読む...

「最近のクルマがつまらない」は嘘! いま自動車業界に足りないモノとは

この10年で急激に交通事故が減少してきている  クルマ好きの仲間から「なんだか最近のクルマはつまらないな」という言葉を聞くことが多い。クルマといえばスポーツカーが主役で、アクセルを踏めばどこに飛んでいくかわからないような...

続きを読む...

【2021年以降に自動ブレーキ義務化は本当に効果ある?】高齢ドライバーによる悲惨な事故は減るのか

大多数の乗用車にAEBが備わる時代へ向かっている  2019年12月17日、国土交通省は、乗用車等における衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の国内基準を2020年1月に策定すること、そして国内基準においては世界に先駆けて20...

続きを読む...

軽トラで初めて夜間歩行者検知機能を追加! 安全性を高めたスズキ・キャリイが登場

スズキ セーフティサポートの機能も充実!  スズキは2019年9月2日(月)、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更し、発表した。9月17日(火)より発売を開始する。年間販売目標台数は6万5000台だ。今回の仕様変更では、...

続きを読む...

事故をゼロにしてくれる神装備じゃない! 運転者が認識すべき「自動ブレーキ」が作動しないケースとは

メーカーが採用するシステムによって作動条件も異なる  2020年から新車に標準装着することが義務づけられている衝突被害軽減ブレーキ。俗に「自動ブレーキ」と呼ばれていたこともあり、いざというときは自動的にブレーキが働き衝突...

続きを読む...

クルマ側で人間のミスによる事故はゼロにできない? いまの先進安全装備で防げる事故の限界とは

先進装備を備えても事故を完全に回避できるわけではない  いまや新車選びでは重要なファクターとなっている先進安全装備。その機能は日々進化しているが、だからといって交通事故がゼロになっているわけではない。先進安全装備を装着し…

続きを読む...

履き替え時は注意が必要! 自動ブレーキ付きのクルマはタイヤのグリップが重要

タイヤを替えると性能に差が出てしまうことも  高齢ドライバーの事故防止の観点から、一般メディアなどでは「自動ブレーキ」と呼ばれる機能に注目が集まっています。自動車業界的には「衝突被害軽減ブレーキ」、英語ではAutonom...

続きを読む...

今や当たり前の便利装備! 時代を切り拓いた初採用の国産車4選

クルコンが初めて登場したのはなんと55年前!  自動車の進化のスピードはすさまじく、日々新しい技術を採用すべく各メーカーが開発を進めているのはご存知の通り。しかし、今では多くの車種に採用されている装備も、当然ながら初めて...

続きを読む...

あまりに性能差の大きいクルマの自動ブレーキは「名前」と「性能明示」が緊急課題!

そもそも「自動ブレーキ」という呼び名が誤解を招く  いま、自動ブレーキという呼び名自体が問題視されている。各種のデータから、交通事故を半減させるほど、その安全効果が評価されている「自動ブレーキ」だが、自動という言葉の響き…

続きを読む...

デイリーランキング