履き替え時は注意が必要! 自動ブレーキ付きのクルマはタイヤのグリップが重要 (1/2ページ)

noteで書く
履き替え時は注意が必要! 自動ブレーキ付きのクルマはタイヤのグリップが重要

タイヤを替えると性能に差が出てしまうことも

 高齢ドライバーの事故防止の観点から、一般メディアなどでは「自動ブレーキ」と呼ばれる機能に注目が集まっています。自動車業界的には「衝突被害軽減ブレーキ」、英語ではAutonomous Emergency Brake(AEB)といいます。

 自動ブレーキというと常にクルマにブレーキングを任せておけるイメージですが、実際にはブレーキを踏むべき状況でドライバーが正しくブレーキを踏んでいないときにクルマが自動的にブレーキをかけるという緊急時だけに作動する機能です。ですから、AEB付きのクルマに乗っていても、一度もそのお世話にならないドライバーも少なからずいるはずです。

【関連記事】これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

自動ブレーキ画像はこちら

 AEBの性能はさまざまで、歩行者検知能力の有無などもありますし、また作動する速度域にも違いがあります。センサーによっては車高を変えるカスタマイズによってAEBの性能に影響が出るといわれています。

 では、タイヤを替えた場合、衝突被害軽減性能に変化はあるのでしょうか。その答えはイエスです。タイヤは銘柄によって路面をつかむグリップ力が異なります。車両側でブレーキをかけたとしてもタイヤと路面の間にある摩擦力以上の制動性能を生み出すことはできません。

自動ブレーキ画像はこちら

 ですから、経年劣化などでタイヤが傷んでくると新車時よりも制動距離(停止までに必要な距離)は伸びていきますし、またグリップ力の低いタイヤに替えたりするとAEBが作動しても止まり切れないということが起きてしまいます。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報