「タグ: 運転」の記事一覧

運転に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「ベテランの若葉マーク」「若者の高齢者マーク」掲示はアリ? 意外と知らない「標識」の真実

ペーパードライバーもいることから問題ないとされている  たまに目にするのが、どう見ても初心者ではなさそうな若葉マークを付けたクルマ。同様に高齢者ドライバーが付けるマークも、車内を見ると高齢者ではない人が運転していたりする…

続きを読む...

速く走るよりも難しいが確実に「モテる」! 真の「運転上手」がやる「超思いやり」運転7つ

場合に応じて譲ってあげることが大切 「運転の上手い人」と聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべるでしょうか? ハンドル操作が上手な人。車線変更などの判断が早く的確な人。加速と減速が滑らかで、同乗者に不快な思いをさせない人。…

続きを読む...

これだけ騒がれても減らない不思議! どう考えてもありえない「悪しき運転マナー」6つ

周囲を巻き込む悪しきマナーの数々!  本サイトでは、最新のおかしな運転マナーやスタイルを報告しているが、昔も今も変わらない悪いマナーの基本というのがあるのは事実。社会が成熟しようとも、マナー向上が叫ばれようともビクともし…

続きを読む...

運転中の「心の乱れ」は事故の危険大! ありがちな7つのシチュエーションと平静を取り戻す対策

運転中に焦っていると注意が散漫になりがち  よく「言葉の乱れは心の乱れ」「部屋の掃除は心の掃除」などといわれますが、運転もまた、心が乱れていると荒れてしまうものではないでしょうか。いつもとちょっと違う心の状態のときに、毎…

続きを読む...

「小柄女子」には男性の想像もつかない苦労があった! クルマで「難儀」すること8つと対処法

クルマに乗り込んだ瞬間から苦労の連続!  運転免許を取得できる18歳の日本人女性の平均身長は、157.1cm。25歳は159.1cm、30代は158.1cm、40代が158.0cmと、年代が上がるにつれて低くなっていきま...

続きを読む...

たくさん乗れば「苦手」が「克服」できるは間違い! 運転が「苦」じゃなくなる方法5つ

走り出す前に準備することをメモしておくと良い  クルマは持っているけれど、できれば運転したくないという人や、仕事などで運転する必要があるけど、何度乗っても慣れないという人、いませんか? それは明らかに、運転に対して苦手意…

続きを読む...

運転が苦手! 好きじゃない! が克服できる「ちょっとした」アイディアとは

選ぶときからクルマに対する感情が影響している  幼いころからクルマが好きで、早く免許が取りたくて取りたくて、運転することがとても楽しいと感じるAさん。通勤通学や仕事のために、どうしてもクルマが必要で仕方なく運転することに.…

続きを読む...

「あおり」は論外だけど「後ろ」にも気遣いは重要! 後続車を「イラつかせる」運転8選

緊急事態ではないときのブレーキの多用はNG  運転には本性が出るとよく言われます。確かに、運転が上手な人というのは、スピードを出す人のことでも、カーブを速く曲がる人のことでもないんです。ちゃんと周囲のクルマに配慮して、自...

続きを読む...

「事故」の「危険」を減らせる! 運転上級者がやっている「予測運転」とは

周囲の状況がこの先どうなるかを判断することが大切!  通学時間帯の通学路や、一時停止の標識がない住宅街の交差点などで徐行するのは当然としても、公道は危険だらけ。いつ、どんなカタチで飛び出し、出合い頭の事故が起こるか分から…

続きを読む...

料金所に合流に車線規制! 初心者キラーの高速道路の「鬼門」5つと克服法

料金所前後は「難関」ポイントが多い  対向車も交差点もなく、歩行者も自転車もいない高速道路は、本来は目的地までスムースに安全に速くたどり着くために、積極的に走りたくなるルートのはずですね。でもなかには、「できれば通りたく…

続きを読む...

「長距離運転」を想像しただけで「ゲンナリ」! そんな人が見なおすべき「疲労軽減」ポイント7つ

しっかりとした事前準備と気持ちの余裕が大事  この秋も4連休がありますが、旅行だけでなく日常でもクルマでのお出かけが見直されている今、いつもよりちょっと、長距離運転をする機会が多くなっているかもしれませんね。もしかして、.…

続きを読む...

「怖くて」運転していないのにグッタリ! 助手席の同乗者を「不安」に陥れる運転7つ

煽り運転などにもつながってしまう行為も……  お客さまの送迎や仕事の外まわりなどで、自分が運転するクルマに誰かを乗せるとき、どんな運転をすれば安心して乗ってもらえるでしょうか。よく言われるのは、「急発進・急ハンドル・急ブ...

続きを読む...

かつては「胸キュン」の定番! 今やると女性から「ドン引き」必至の運転テクニックとは

かつて女子を沸かせたテクニックもいまやただの「危ない人」!?  時代は高度成長期、バブル真っ只中の80年代。六本木では万札を束にしてタクシーを奪い合い、メルセデスやBMWが「六本木のカローラ」なんて言われるくらいウジャウ...

続きを読む...

大人気のSUVやミニバンの難しさ! 運転に「不慣れ」な人が「背の高い」クルマに感じるデメリット5つ

運転初心者や不慣れな人では戸惑ってしまうことも……  今や国産・輸入車合わせて常に50種類以上のモデルが揃い、多彩なデザインや価格帯から選べる大人気カテゴリーとなったSUV。その大きな特徴のひとつが、「車高が高い」「アイ...

続きを読む...

痛みとの戦いはシートが「武器」になる! 「腰痛持ち」に優しいクルマの座席の選び方とは

座ったときにも背骨のS字ラインがキープされるのが重要  直立二足歩行の人類にとって、「腰痛」は避けては通れないものなのかもしれない。上半身の質量は、立っても座っても常に腰の部分に負荷をかけることになっているからだ。そのた.…

続きを読む...

1 / 612345...»

デイリーランキング