「タグ: 高級車」の記事一覧

高級車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

確かに最近「影が薄かった」けど「シーマ」も消えるのか……「現象」まで巻き起こした高級車は何モノだったのか?

この記事をまとめると ■日産のフラッグシップ「シーマ」の歴史を振り返る ■シーマが生産終了という噂が流れている ■今後の需要を考えると、現行モデルが最後のシーマになる可能性が高い 社会現象にまでなった日本が誇る名車が消滅...

続きを読む...

センチュリーとアルファードだらけの「高級車界」でドヤれること確実! 見た目からして個性的すぎる「高級車」4台

この記事をまとめると ■人とは違った高級車が欲しい人にオススメなクルマを紹介 ■変わったクルマとはいえ、エクステリアも車内も最高クラス仕立てとなっている ■中古であれば大統領が乗っていたクラスのクルマも格安で手に入る 自...

続きを読む...

「アイツのは中古だ」「安いモデルだ」スーパーカー社会のヒエラルキーは存在するのかフェラーリオーナーに聞いた

この記事をまとめると ■スーパーカー乗り同士ではお互いのクルマをどう評価するのかを考察 ■フェラーリの場合、中古で手に入れるケースが多いので気にする人は少ない ■新車のスーパーカーを買うことをステータスとしている層も若干...

続きを読む...

お値段4億円のボルボ製エンジンのレクサス「LY650」! 何もかもが超弩級のヨットに乗ってみた

この記事をまとめると ■レクサスからクルーザーが登場した ■価格は4億円以上でエンジンはボルボ製を採用、世界にまだ4艇しかない ■内部は一流ホテル並みの仕立てでロングクルージングにも対応する レクサスが手掛ける極上のクル...

続きを読む...

日本に上陸した中国の最高級ブランド「紅旗」! 日本のセンチュリーや英国のロールスロイス以上に「別格」な存在だった

この記事をまとめると ■中国の高級車ブランドである「紅旗」のディーラーが大阪なんばに誕生した ■中国で最高級となる「紅旗」は中国の国有自動車メーカー「第一汽車」のブランドのひとつ ■中国政府の国策により海外メーカーの技術...

続きを読む...

さすがにマイバッハにSUVは不要じゃない? GLS 600が存在する「至極単純」な理由

この記事をまとめると ■メルセデス・マイバッハからGLS 600が登場し、2021年7月には日本導入も発表された ■超高級ブランドであるマイバッハにSUVが必要かどうかを考える ■マイバッハはブームでSUVを作ったのでは...

続きを読む...

やっぱり「ロールスロイス」は別格! 常識じゃ考えられない衝撃装備たち

この記事をまとめると ■ロールス・ロイスが世界を代表する高級車である理由を解説 ■乗降性を考慮してアシンメトリーの設計になっている車種もある ■ロールス・ロイスが展開するオプションは度肝を抜かれるアイテム多数 「ロールス...

続きを読む...

ロールスロイスやフェラーリがないのはナゼ? 日本の自動車メーカーが全部「大衆車」メーカーな理由

この記事をまとめると ■高級車ブランドの誕生には欧州の階級社会が大きく影響している ■日本に自動車が伝来した頃、当然ながら日本車メーカーはなく貴族たちは舶来品を好んだ ■日本メーカーはアメリカメーカーを手本にしており、ア...

続きを読む...

保険は? 維持費は? フェラーリオーナーが語る「お金」のリアル

この記事をまとめると ■フェラーリは維持費がかかるという印象がある ■このイメージはバブル期に作られたと推測される ■実際の維持費について経験談をもとに解説する 初回の車検費用が約200万円だった個体も!  仮にフェラー...

続きを読む...

匠の職人技で仕上げられた漆黒のベントレー! コンチネンタルGTマリナーに「ブラックライン」仕様を追加

この記事をまとめると ■ベントレー・コンチネンタルGTに人気の特別仕様「ブラックライン」を追加設定 ■「ブラックライン」は輝くクロームパーツ類を全てブラックのパーツに変更した精悍な仕様 ■ベントレーの匠職人集団「マリナー...

続きを読む...

技術的な理由はほぼなし! FFでも十分ないまでも高級車が「FR」を選ぶワケ

この記事をまとめると ■各メーカーは高級車でFFではなくFRを採用する傾向にある ■各メーカーはその理由を「商品戦略を熟慮した結果」だという ■駆動方式を意識する人が減った今でもFRを求めるユーザーは存在する 駆動方式を...

続きを読む...

新車は千万超えの超高級車が10分の1の激安中古相場! そんなクルマを買っても大丈夫?

この記事をまとめると ■新車時は数千万円した超高額車が中古車市場では数百万円になっている例がある ■車両本体価格が下がっても部品代や工賃などのメンテナンス代は安くならない ■単なる不人気での価格低下なら問題ないが、固有の...

続きを読む...

経済格差が拡大! 庶民にはコロナ不況でも「高級車ブランド」が好調という日本の現状

プレミアムブランドであるドイツ御三家は数字を伸ばす!  新型コロナウイルスの影響で経済的に厳しい状況に追い込まれているというのが庶民感覚だが、数字は異なる事実を示している。  たとえば、日本銀行が毎月発表しているマネース.…

続きを読む...

「マッサージ機能」に「熱帯魚の飼育」まで! デートで乗ったら「女子イチコロ」の助手席をもつクルマ5台

助手席が良すぎてドライバーの好感度まであがっちゃう!?  梅雨明けして、いよいよ夏本番! 彼女と夏の思い出を作りたいなら、密を避けて猛暑でも快適な空間で移動できる、ドライブデートがいちばんですよね。女性からすると、好きな...

続きを読む...

ポルシェ911が激安に感じる謎現象! 日本でお金を積めば「多分」買える「超〜高額車」ランキングTOP10

お金を積んでも買えないクルマも存在する 車両本体価格が超絶高いクルマといえば、たとえばの話、いささか古いモデルだが「マクラーレン P1」あたりが該当する。なにせ車両本体だけで9661万5000円、世田谷区内の一等地でまあ...

続きを読む...

デイリーランキング