「タグ: 2030年」の記事一覧

2030年に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

よく見れば想像よりも「電動化車両」が普及していない日本! 伸びない理由はドコにある?

日本における電動化の進捗度は現状緩やかになっている  言わずもがな、現在の自動車業界は電動化のビッグウェーブが来ている。早ければ2030年までにエンジン車の販売を禁止するという声は内外から聞こえてくるし、ノルウェーでは2...

続きを読む...

日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ

軽自動車の電動化モデルはまだまだ少ない  HEV(ハイブリッド)ではラインアップも多い日本車だが、これがPHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(純電気自動車)となると、市販車レベルでは欧米メーカーに比べて完全な出遅れ...

続きを読む...

世界的な電動車の促進には「きな臭い」裏事情が見え隠れ! 日本メーカーの「高効率エンジン」が標的になる可能性も

海外では自動車製造反対といった過激なデモも行われている  菅首相が2050年までに脱炭素社会の実現を表明し、その流れで2030年代前半までにガソリン車の販売禁止を日本政府が進めようとしている。すでにヨーロッパを中心に、日...

続きを読む...

「純ガソリンエンジン車禁止宣言」で「ガソスタ」激減の可能性! ハイブリッド車すら所有は困難に

純ガソリンエンジン車オーナーは維持が難しくなる!?  日本政府として2050年のカーボンニュートラルを目指すという方針を打ち出している現政権ですが、それを先取りするかのように東京都の小池百合子知事が、2030年に東京にお...

続きを読む...

2030年で「ガソリンエンジン」のみのモデルは不可! 小型スポーツなどはどうなる?

少なくとも「マイルドハイブリッド化」は必須  2030年前半、ガソリン車販売禁止。そんなニュースがいきなり流れた、2020年の師走。自動車産業界はもちろん、多くのユーザーも驚いたに違いない。  その後、報道の内容が「20...

続きを読む...

日本の電動化車両促進は難しい? まさかの「クルマ離れ」に繋がる可能性も!

国民に「お願いします」だけでは賛同を得られない?  ヨーロッパや中国、台湾やインドネシアあたりでも純粋な内燃機関車を2030年から40年あたりで販売終了すると発表しているなか、“沈黙”を守ってきた日本政府もようやく203...

続きを読む...

ますます厳しくなる燃費基準と電動化! 運転者の心を昂ぶらせる「クルマの音」はもう楽しめないのか

あのAMGでさえ電動化を推進している  国土交通省と経済産業省により、2030年の新たな燃費基準がパブリックコメントを経て決定されようとしている。求められる燃費性能は、1リッターあたり平均25.4kmという数値であり、2...

続きを読む...

デイリーランキング