「テクノロジー」の記事一覧 - 12ページ目

【意外と知らない】一口にアルミホイールといっても「鍛造」「鋳造」2種類がある

それぞれ得意分野はあるものの公道レベルではあまり気にする必要なし  普段気にすることは少ないが、アルミホイールの製法は大きく鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)という2つにわかれる。それぞれの製法の簡単な概要と、○と×を...

続きを読む...

【注意】自動ブレーキはシステムにより効果に大きな差がある!

デバイスだけでも4種類がある 「事故を防ぐ、起こさない」ということを意味する予防安全性向上に大きく貢献する、自立自動ブレーキの装着車の急速な増加に伴い、自立自動ブレーキに対する関心も大きくなっている。「クルマを買い替える.…

続きを読む...

【今さら聞けない】なぜクルマにはアルミがもてはやされるのか

アルミモノコックこそ少ないがアルミの使用箇所は多い  アルミホイールに、アルミブロック、アルミボディなどなど。「アルミ」という素材は、どこかクルマ好きの琴線に触れるところがある。その理由はどこにあるのだろう。  クルマと.…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマのディスクブレーキとドラムブレーキの違い

ドラムブレーキのメリットは価格以外はなくなってきた  動かなくても死にはしないけど、止らないと死んでしまうことは大いにありうる。それだけに、エンジン以上に重要なのが、じつはブレーキだったりする。もちろんしっとりとしたフィ…

続きを読む...

【今さら聞けない】ターボって何ですか?

排気量以上に空気を押し込んでエンジンパワーを出す装置  最近輸入車を中心に、一時期はランエボやインプレッサWRXといったモータースポーツベース車以外絶滅状態に近かったターボ車が日本車でも増えつつある。かつては「パワーはあ...

続きを読む...

【今さら聞けない】エコタイヤって何?

転がり抵抗を下げて燃費に貢献するタイヤ  テレビCMを見ても、エコタイヤの大合唱。実際の各メーカーのラインナップを見ても、実用車向けは当然のこと、スポーツタイヤやプレミアムまでもエコタイヤ扱いになっていてビックリだ。もち...

続きを読む...

【意外と知らない】マフラーの排気口の数がもつ意味とは?

排気量などで数が決まるわけではない  近年、環境性能を意識するためか、あえてマフラーのテールエンドを隠したスタイリングも増えてきている。とはいえ、スポーティさをアピールしようとするクルマにおいてはマフラーというのは重要な…

続きを読む...

【今さら聞けない】エンジンの性能を表す「トルク」って何?

クランクシャフトにかかる回転力を表す数値  エンジンスペックで、気になるのは最高出力と最大トルク。最高出力に関しては前回【今さら聞けない】エンジンパワーの「馬力」ってどのぐらいの力?」で説明したとおり。今回は、エンジン自…

続きを読む...

【今さら聞けない】エンジンパワーの「馬力」ってどのぐらいの力?

じつは人間だって頑張れば1馬力は出せる!  力のあるエンジンを表現するのに、「馬力がある」という言葉を使うこともある。このように表現として、出力を示すのに「馬力」という言葉を使うが、じつを言うと「馬力」という単位(アルフ…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマのヘッドライトのLED化が進む理由

デザイン性や配光性にアドバンテージあり  いま確実にLEDヘッドライトが増えている。かつての多数派(いまでは少数派)になったハロゲンヘッドライトに対して発光部分での発熱を大幅に抑えたことで省電力につながる技術だ。  とい...

続きを読む...

【意外と知らない】スポーツカーの派手な「羽根」はカッコつけじゃなかった

100km/h近くで効果が感じられる立派な機能部品  セダンやクーペのボディを横から見ると、ルーフ側は凸状で、ボディ下面はほぼ平ら。シルエットだけ見ると、大雑把に言うと、飛行機の翼の断面図のようになっている。  こういう...

続きを読む...

【今さら聞けない】ハイブリッドカーはなぜ燃費がいい?

燃費がいいのは捨てていた力を電気に変えてモーターで使うから  HYBRID CAR(ハイブリッドカー)のカーはクルマの意味、ではハイブリッドは? これは混成ということ。雑種なんて意味もある。現在では「ハイブリッド」を名乗...

続きを読む...

【今さら聞けない】ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いとは?

勝手に火が付くか火花で着火するかが違う  ディーゼルエンジンは軽油、ガソリンエンジンはガソリンを燃料とする。ガソリンエンジンの軽自動車に軽油を入れてはダメだし、逆にディーゼルエンジンにガソリン燃料を使ってもトラブルが起き…

続きを読む...

今さら聞けないオートマの種類「DCT・CVT・AMTって何ですか?」

ATの種類は多いが目指すところは皆同じ  いまや日本で売られている新車の99%は2ペダルのオートマ車という状況になっているが、オートマ(正しくはオートマチックトランスミッション)は大きく4種類にわけられる。 ■ステップA...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...