「お役立ち情報」の記事一覧 - 40ページ目

最近ドアに直付けされるドアミラーが増えている理由とは

ドライバーの視界を広げ、歩行者などを視認しやすくするのが狙い  かつてドアミラーといえば、ドアウインドウと同じ面でAピラーと接する三角プレートにマウントされていることが多かった。しかし、最近ではドアからダイレクトに生えて.…

続きを読む...

初心者必見! 免許取り立てでも運転しやすい軽自動車以外のコンパクトカー3選

「運転視界のよさ」「小回り性能」「車幅」などが重要!  この春に学校を卒業したり、新社会人になって運転免許を取り、クルマに乗り始めた初心者ドライバーも少なくないはず。そこで運転初心者、運転が苦手だと思っている人でも運転し…

続きを読む...

中古車の「乗り出し価格」や「支払い総額」って何?

税金や整備に関わる費用などをプラスした価格で車両ごとに異なる  新車ではなかなか手が出しにくい車両や、昔憧れた絶版車など、われわれの夢や憧れを叶えてくれる中古車たち。そんな中古車の情報を見ていると「乗り出し価格」や「支払…

続きを読む...

最近クルマのドアミラーが大きくなった理由とは?

欧州の基準が日本に導入されたため 「最近のクルマはドアミラーが大きくなっているような気がする」、そんな声を耳にすることも少なくない。そして、その感想はおそらく事実に基づいている。じつはドアミラーなどの後写鏡についての基準…

続きを読む...

50対50が理想? クルマが前後重量バランスを重視する理由とは

運動性能だけで考えれば50:50が理想とは言い切れない  高性能車やスポーツカーなど、運動性能の高いクルマでは「前後重量バランスの良さ」がアピールされている場合があります。その数値はカタログなどに記載されていなくても、誰...

続きを読む...

進むタイヤの「2つの」大型化! 意外にも公道では見た目以外のメリットは少ない

ビジュアルは良くなってもハンドリングなどは悪化することも  どういうわけか知らないが、昔からクルマというのはタイヤがデカイとカッコ良く見えるらしい。そんな伝統に則ってか、最近は大径タイヤが増えている。この「大径」には、2.…

続きを読む...

買ってから後悔しない「クルマの後席」の正しいチェックポイント7つ

広さや座り心地だけで選ぶのはNG  夫婦ふたりだけのときは、ほとんど座ることのなかった後席。でも家族が増えると、子どもが小さいうちはママの指定席も後席になるし、子どもが2人になれば3人がけの真ん中に座るシーンが出てきたり...

続きを読む...

高速の「自然渋滞」「事故渋滞」はどの車線を走るのが一番速い?

多くのクルマに先に行かれても時間的な差はほんのわずか  渋滞時、どの車線が速い? という質問は定番だが、これに関して私は、常にこう答えている。 「私の調査では、自然渋滞20キロあたり、車線による差は1分程度です。つまり流...

続きを読む...

あのロゴは何? スーパーGTのマシンに付いているスポンサーの正体とは

自動車関連企業からレジャー産業まで多岐にわたる  今シーズンも4月8日に開幕戦(岡山)を迎える、スーパーGT。主要チームにはそれぞれチームカラー=スポンサーカラーがあり、応戦するファンはその旗やグッズをもって、サーキット...

続きを読む...

意外と知らない正しい方法! 間違えがちなタイヤのセルフ交換は重大事故の可能性

正しい方法と道具を使わないと最悪走行中の脱輪も  自分のクルマを自分でイジる(メンテナンスする)というのはクルマ好きやメカ好きには楽しみのひとつ。「タイヤ交換ぐらいはDIYで」というのは半分正解で……。 「半分? 半分?...

続きを読む...

好条件を引き出しやすい! 新車セールスマンに「気に入られるお客」とは

かつて主流だった「ライバル車と競わせる客」はNG  景気に左右されずに、構造的な新車販売の苦戦が続いている。若者を中心としたクルマ離れの加速、シェアリング社会の拡大、人口の高齢化による保有台数自体の減少傾向などなど、自動...

続きを読む...

バカ売れジャンルでも隣近所とカブる心配のない輸入ミニバン3選

使い勝手はもちろん走りがいいのもポイント とくに小さいお子さんのいるファミリーにとって、愛車の候補として挙がってくる代表格はミニバンだろう。国産各社が力を入れているため、販売台数も多く街なかや隣近所で同じ車種を見かけるこ…

続きを読む...

子育て層必見! 現役子育てママが推す本当に役立つクルマの装備と採用する現行車

子育てママを助けるためにも装備しておきたい  子どもが生まれるのをきっかけに、新しくクルマを買ったり買い替えたりするファミリーは多いですよね。そんなとき、「とりあえずミニバンを買っておけば間違いないだろう」と安易に選んで…

続きを読む...

普段触れる場所でも要注意! クルマで火傷を負う危険性のある場所とは

シートベルトの金具やレザーシートも注意ポイント  クルマは安心して乗れるように作ってあるとはいえ、注意しないとヤケドを負うことがある。熱いというとエンジンなどを思い浮かべるが、普段触れている部分にもヤケドの原因というのは…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...