ホンダが2190万円のバイクを発売! そのお値段の理由は? (1/3ページ)

ホンダが2190万円のバイクを発売! そのお値段の理由は?

■NSX TYPE R GTに次ぐ高額車

 ホンダが2190万円という超高級バイク「RC213V-S」を発表した。
公道を走行できるホンダ車(2輪・4輪)としては、車両価格5000万円といわれたNSX TYPE R GTに次ぐ高額車。現在販売されているホンダ車でもっとも高く、それがバイクというのだから驚きだ。

【関連記事】いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

RC213V-S

 ちなみに、高級バイクとして有名なハーレーダビッドソン、MVアグスタ、ドゥカティの車両価格は上級モデルで300万円くらい。チューニングやドレスアップなどの付加価値を加えたバイクを除けば、スペシャルなモデルでも3桁万円(1000万円未満)を超える市販バイクは発見できなかった。RC213V-S

 なぜ、ホンダ「RC213V-S」は2190万円というプライスを付けられるのか?2輪の知識がない人にとっては普通のレーサーレプリカだが、じつはバイクレースの最高峰であるFIMロードレース世界選手権(以降 MotoGP)参戦マシンを公道を走れるように保安部品などを装着したバイクなのだ。つまりF1マシンにナンバーを付けて公道を走れるようにした、と表現すれば理解してもらえるだろう。
ちなみに、オプションでクローズドコース専用キット「スポーツキット」も用意されている。

価格だけでなくスペックもスペシャル>>>>

画像ギャラリー