フィアット500が可愛さと機能倍増で1月23日に発売!

フィアット500が可愛さと機能倍増で1月23日に発売!

新生フィアット500初のマイナーチェンジ!

 チンクエチェントの愛称で親しまれているフィアット500が、初のマイナーチェンジを行った。FCAジャパン株式会社は、フィアットの代名詞ともいえる「Fiat 500」のマイナーチェンジモデルを、2016年1月23日(土)より全国のフィアット正規ディーラーにて199万8000円(税込み)で販売開始する。

【関連記事】「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

404_news_image_NEW-500-POP

 2008年に40年ぶりに復活を遂げたフィアット500として、初のマイナーチェンジを行った。主な変更場所は、エンジンONで点灯するLEDデイライトを追加した他、オーディオを5インチのタッチスクリーン仕様へアップグレードした。さらに、センターコンソールにUSBと外部入力端子を装着したことにより携帯電話などの充電を可能とした。

 エクステリアは、ヘッドランプの形状をプロジェクタータイプに変更し、(Popのみ、Loungeは変更なし)テールランプの形状も改良をした。注目する点は、フロントバンパーの形状を変更し、フィアットロゴが施されたクロームモール下に横長のモールを追加した。インテリアは、ステアリングホイールのデザインが変更され、オーディオやハンズフリーのコントロール機能を備えた。機能性では、ドリンクホルダーを改良し、ホルダーの内側にラバーサポートを装着することでドリンクの保持機能を改善した。むき出しになっていた、助手席側の荷物を置く場所にグローブボックスを装備した。

 フィアット500のかわいさを引き立てるボディカラーは、限定車のみに設定していたミント・グリーンとカントリーポリタン・イエローの追加に加え、ボサノバ ホワイト、パソドブレ・レッド、アイス・ホワイト、ブルー・ヴォラーレの全6色を設定した。

かわいいフィアットの豊富なラインナップ
フィアット 500 1.2 Pop/500C 1.2 Pop 車両概要
全国メーカー希望小売価格(税込)
Fiat 500 1.2 PoP:199万8000円
Fiat 500C 1.2 PoP:252万7200円

エンジン直列4気筒SOHC
排気量(cc)1240
最高出力(ps/rpm)69/5500
最高出力(Nm/rpm)102/3000
トランスミッションデュアロジック
燃費(JCO08)19.4km/h

フィアット 500 TwinAir Pop・Lounge/500C TwinAir Lounge 車両概要
全国メーカー希望小売価格(税込)
Fiat 500 TwinAir Pop:228万9600円
Fiat 500 TwinAir Lounge:259万2000円
Fiat 500C TwinAir Lounge:279万7200円

エンジン直列2気筒ターボ
排気量(cc)857
最高出力(ps/rpm)85/5500
最高出力(Nm/rpm)145/1900
トランスミッションデュアロジック
燃費(JCO08)20km/h

  

 [関連記事]

米国初公開のアルファロメオ・ジュリアは名門復活の狼煙だ!

フィアット124スパイダーがLAショーで27年振りに復活!

[東京モーターショー:復習]FCAブースが8年振りに攻めの姿勢で復活!

画像ギャラリー