イグニスはコンパクトカーとSUVを融合させた新ジャンルの一台

イグニスはコンパクトカーとSUVを融合させた新ジャンルの一台

2016年2月18日から発売スタート!

 2015年3月に開催となったジュネーブショーでコンセプトカー「iM-4」として、そして同じく2015年10月に開催の東京モーターショーで参考出品された「イグニス」が、ついに市販車として登場した。

IGNIS01イグニスといえば、初代スイフトの欧州仕様車に名付けられたことのある車名だが、国内では初めての登場となる。

ジュネーブショーでお披露目されたコンセプトカーiM-4。ほぼイグニスである
ジュネーブショーでお披露目されたコンセプトカーiM-4。ほぼイグニスである

 その外観は、シンプルアイコニック、シンプルスタンダードというデザインテーマでまとめられている。これまでのスズキの往年の名車のデザインモチーフがあちらこちらに散りばめられており、スイフトのブラックアウトされたAピラー、フロンテクーペのCピラーの造形、セルボのグリル内に配置したヘッドライト、エスクードのフェンダーガーニッシュといった、非常に印象的なスズキ車を思い出すものが散見できる。

IGNIS06インテリアもシンプルな面や線で構成しながら、3種類のインテリアが用意され、MZ、MXグレードではボディカラーによって2種類のカラーの個性的なインテリアとなる。

 ホイールベースは2435mmで、室内長は2020×室内幅1365×室内高1250mmとなる。前後乗員間距離で見れば、車格がひとつ上のスイフトよりも30mm広いという。

 リアシートは上級グレードでは5:5分割スライド&可倒式で荷室のアレンジでさまざまなシーンに対応可能。

IGNIS18ボディカラーは新色3色を含む8色をラインナップ。ブラックの2トーンルーフもあり合計13パターンから選択が可能。さらに自由にカスタマイズできる4色のカラーアクセントパッケージ(ディーラー装着アクセサリー)も用意される。

 クロスオーバー車ということもあって、最低地上高180mm、アプローチアングル20度、デパーチャーアングル38.8度(4WD車は38.3度)を確保。フェンダーを大きく張り出してレイアウトして、クロスオーバーらしい力強さをアピールする。

 ビスカスカップリング式の4WDシステムを採用した4WD車も全グレードで設定。急な下り坂などで車速を抑えることができるヒルディセントコントロールや、雪道やぬかるみなどでの発進時にサポートするグリップコントロールといった安心の機能も装備。ちなみに4WD車は荷室のアンダーラゲッジのサブトランクスペースが少なく(106L→36L)なる。

 ソリオでも使われる軽量かつ高剛性のAセグメント用新プラットフォームを採用し、全車に、ISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドとK12C型デュアルジェット(1.2L DOHC 吸排気VVTエンジン)を搭載し、28.8km/L(HYBRID MG/FF車)を実現する低燃費性能と力強い走りを実現する。もちろん全車エコカー減税対象車となる。

IGNIS19安全装備についても充実している。ステレオカメラで歩行者やクルマで衝突を軽減・回避できるデュアルカメラブレーキサポート(DCBS)や誤発信抑制機能、車線逸脱機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を用意。もちろん運転席&助手席SRSエアバッグの全車標準装備に軽量衝撃吸収ボディ、歩行者傷害軽減ボディも採用している。

  

  

スズキ、軽自動車よりも登録車に注力?

IGNIS042015年度のスズキの販売状況は、国内販売では、軽自動車の2015年4-12月期が前年比77%と非常に厳しい状況なのに対し、登録車(非軽自動車)は同比100.3%と順調に推移している。このイグニスの発表会では、スズキの鈴木俊宏社長が登壇し「軽自動車市場は厳しい。『新中期経営計画SUZUKI NEXT 100』の『小型車(小型自動車)10万台』の販売に向けて取り組み、お客様の期待を超える商品作りを、営業・技術・生産・購買の四位一体で進めていく」と、登録車へ注力することにも触れ、「このAプラットフォームをもっと活用していきたいと思っていますし、バレーノも近いうちにお披露目する」とバレーノの投入についても言及した。

  

画像ギャラリー