R32型日産スカイラインGT-Rがアメリカのオークションで落札額1000万円! (1/2ページ)

R32型日産スカイラインGT-Rがアメリカのオークションで落札額1000万円!

R32スカイラインも、これで立派な「世界の名車」の仲間入り!?

 魅力的なコレクターズカーが出展されることで有名な、アメリカのRMオークションで、1989年型=初期モデルの日産スカイラインGT-R(R32型)が、8万2500ドルで落札されたというニュースが入ってきた。1ドル=122円換算(※2月1日15時時点)とすると、1006万5000円(!)となる。このことについて、平成4年式のR32GT-Rを新車からワンオーナーで乗り続けている、筆者に「何か一言コメントを」というリクエストが編集部からあった……。RM Dotheby`s

 まず思ったのは、スカイライン(R32)もクラシックカーになったんだな、ということ。アメリカには、通称25年ルールといわれる「クラシックカー登録制度」があり、25年以上経過しているクルマは、排ガス検査なしでアメリカに輸入できるという制度がある。この影響で、1991年以前の国産スポーツモデルの人気が、アメリカで高まっているわけだが、そのことを抜きにしても8万2500ドルという価格が、スカイライン(R32)が立派なクラシックカーになったことを雄弁に語っている。RM Dotheby`s

 経済学では、「使用価値」と「交換価値」が、モノの価値の二大形態といわれている。だが、その両者では、1989年式のスカイラインGT-Rに1000万円超の価値が付くことは説明できない。となると、第三の価値、「象徴価値」つまり、グループAでの活躍云々を含めた、GT-Rの「物語=伝説」を共有することに価値を感じているということ。もちろんこの個体自体の程度の良さは影響しているだろうが、1000万円の価格の中身の大半は、「物語」なわけだから、これはもう立派な「クラシックカー=名車」といわざるを得ない。RM Dotheby`s

 でも、それは決して否定的な意味ではなく、スカイラインGT-Rが世界的に名車であると認められたことを意味しているので、ある面、非常に喜ばしい。真の名車とは、そして真のエコカーとは、みんなに愛されることが条件。ポルシェ911は生産されたクルマの8割近くが廃車にならず、今も走り続け、あるいは保管されているという。-WEB CARTOP

画像ギャラリー