【まとめ画像】ジュネーブで見た「アナタの知らないスーパーカー!」

【まとめ画像】ジュネーブで見た「アナタの知らないスーパーカー!」

新興メーカー続々参入のスーパーカーがスゴすぎる!

 スイス・ジュネーブモーターショーで展示されていた数々のスーパーカー群。2016年も数多くのスーパーカーが出展されていた中で、取材班が、コレは凄い! と思えるような極め付きのスーパーなクルマをゲットしてきたので、まとめてお届け。

 〈イタルデザインGTゼロ〉

 ステーションワゴンかシューティングブーレクを連想させるようなエクステリアデザインに、ガルウィング式のドアを採用したイタルデザインGTゼロ。エンジンで走行するのではなく、ハイブリットもしくはEVモデルが選択可能だという。今回、ジュネーブショーで展示されたモデルはEVモデルで、フロントに2基、リヤに1基のモーターを装備し4輪駆動方式を採用。最高出力は、490psを発揮する。
WEB CARTOP

 〈ピニンファリーナH2スピード〉

 レーシングカーかと思うほど大胆なボディシルエットは、ピニンファリーナによる、H2スピード。シャシーには、カーボンコンポジット素材を採用、パワーユニットは水素燃料電池を搭載しているという。モーターを2基装備し、最大出力503ps、最高速度300km/hの性能を持つ。水しか出ないという次世代環境型スーパースポーツカーだ。WEB CARTOP

 〈テックルールズAT96〉

 中国の新興メーカー、テックルールズは、なんと1030psという驚くほどハイスペックな「AT96」を出展。航空機用タービンエンジンとモーターを前後に2基装備するハイブリッドから1030psを捻出、最高速度も350km/h以上という性能を謳っている。WEB CARTOP

 〈リマック・コンセプトS〉

 東ヨーロッパのクロアチアで生産されるというリマックの電気自動車「コンセプトS」は、4基のモーターを搭載し、1384psのパワーを捻り出し、最高速度も356km/h。この「コンセプトS」は、8台のみの生産が決まっており、すでに6台は売約済みだという。価格は1億600万円だという。

WEB CARTOP

 〈ケーニグセグ・レゲーラ〉

 スウェーデンのスーパーカー・メーカー「ケーニグセグ」のハイブリットモデル「レゲーラ」がジュネーブショーに登場。エンジンは5.0リッターV型8気筒をツインターボで武装し、最高出力は1100ps。さらに3基のモーターからは714psのエキストラパワーの助けを借りて、最高速度の400km/hまで、わずか20秒(!)で到着するという。WEB CARTOP

 〈パガーニ ウアイラBC〉

 パガーニ ウアイラのサーキット仕様車がジュネーブショーに展示された。エンジンはメルセデスAMG製の6.0リッターV型12気筒ツインターボを搭載し、800psを発揮する。BCとは、パガーニ社の最初の顧客である故ベニー・ケイオラ氏のイニシャルを車名に採用しているという。
WEB CARTOP

  

 〈ラディカルRXCターボ500R〉

 イギリスのラディカルが史上最強モデル「RXCターボ500R」。公道も走れるレーシングカーという位置づけだ。エンジンは、フォード製3.5リッターV型6気筒”エコブースト”を搭載し、710psをまでチューニングされている。こちらは21台のみの生産となり、価格は2680万円と発表されている。

WEB CARTOP

 (写真:真鍋裕行)

画像ギャラリー