【速報】高速道路の最高速度を120キロに引き上げへ

【速報】高速道路の最高速度を120キロに引き上げへ

現行100km/hの一部区間で「110km/h」から試行

 ニュース等でも報じられているとおり、現行で100km/hとしている高速道路の最高速度について、警察庁は2016年3月24日、安全性の条件を満たす区間に限り120km/hへの引き上げを認める方針を固めた。

 区間は、新東名高速道路の御殿場−浜松いなさジャンクション間(静岡県)約145kmと、東北自動車道の花巻南−盛岡南インターチェンジ間(岩手県)約31kmで、当面は最高速度を110km/hに引き上げる試行を実施される。WEB CARTOP

 試行時期は未定だが、おそらく2017年になる模様(実施時期などは両県の公安委員会が決める。また大型トラックの最高速度は現行の80km/hのままとなる見込み)。高速道路の最高速度が100km/hに定められたのは、なんと1963年に日本で最初の高速道路=名神高速道路が開通したとき。半世紀にも渡り変化がなかったとは、さすが日本のお役所仕事……。

IMG_1947実勢速度とかけ離れた規制速度は、「移動の自由」(交通権)を侵害している可能性もあり、一日も早く見直してもらいたいところだ。1963年以降、この半世紀のクルマとタイヤ、環境性能、安全性能の進化を考えれば、片側二車線の高速道路なら120km/h、片側三車線なら、140km/hが妥当ではないかと言う意見も多い。WEB CARTOP

 ただし、あくまで最高速規制なので、万人がこのペースで走る必要はない。従来の速度域が適しているクルマと人は、従来のスピードで安全に走行すればいいのだ。最高速度120km/hへの引き上げを全国的に実現するためには、なにより試行期間中に事故発生が増えないことだ。

 安全第一で、より速く、より快適で、より自由な、高速道路ドライブをみんなでぜひとも実現したい。

画像ギャラリー