海外のオークションサイトに出ている「お宝スバル」2台!

海外のオークションサイトに出ている「お宝スバル」2台!

22B以上のレア度となるWRカーの購入をおすすめ

 スバルファンにとって、22Bといえば誰もが羨む究極のコンプリートカー。たった400台しか作られなかった限定車で、初代インプレッサのD型から設定された2ドアボディのSTI Version TypeRをベースに専用のフェンダーや2.2リッターにボアアップされた専用エンジンが搭載されていた。WEB CARTOP

 このフェンダーは、当時WRCを戦うWRカー(ワールドラリーカー)を忠実に再現し、リヤのフェンダーはTypeRのフェンダーを一回切り取り、職人の手で叩き出されたハンドメイドとなっている。また、エンジンもバランス取りなどがされているほか、足回りには当時のWRカーと同じブランドの組み合わせとして、アイバッハのスプリングにビルシュタインのダンパーという組み合わせだった。WEB CARTOP

 一方、22BのモデルとなったWRカーは、97年からグループAで参戦していた4ドアのみでまだ2ドアのSTIバージョンが登場していなかったため、リトナという1.5リッターのインプレッサの2ドアモデルをベースにイギリスのプロドライブ社で制作された。スバルは95年から97年までの3年間、連続マニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。国産車で唯一の快挙として、今も語り継がれている。WEB CARTOP

 このスバル史に欠かせない2台が、なんと海外で販売されている。22Bは971万4389円から1133万3454円というプライスで、WRカーは3512万6000 円というプライスだ。

 22Bは新車価格が500万円にもかかわらず、わずか2日で完売した超人気モデル。登場から18年が経過した現在でも人気は衰えず、中古市場に登場してもプレミア価格となっているか、店頭に並ぶや否や即SOLD OUTとなるのが現状であり、海外ではより高額で取引されている。WEB CARTOP

 たまたま、この記事を執筆中に中古車サイトで22Bを発見! 業界でも自他共に認める「スバルヲタク」の筆者も、思わず問い合わせたくなる衝動にかられた。コチラはメーターを交換したという査定マイナスポイントを抱えながらも438万円というプライスを掲げている。実際の走行距離は7万6956kmとのことだ。

 一方の海外サイトで公開されている22Bはプレミア価格となる1000万円前後のプライスとなっているが、走行距離はなんとたったの4023km。ほぼ新車といってもいいコンディションだ。これに国内以上に入手困難な状況を考えたら納得のプライスといえるだろう。

 WRカーのほうは、2009年にマシンを製作していたプロドライブがWRカーを販売した過去があり、97年に参戦していたWRカーの当時の販売価格は約1150万円。同じ個体かどうかは定かではないが、実に3倍のプレミアとなっている。WEB CARTOP

 コレクションアイテムとして考えるならば、今後の価格も上昇すると思われるWRカーが投資の面でも有利。しかし、もはやマイホームを買えそうな価格と、国内ではそのまま公道を走らせることができない点、さらにメンテナンスにはマシンを熟知したプロに任せるための莫大な費用を考えると22Bのほうが現実に近いといえそうだ。

 しかし、もし購入できるお財布をお持ちの超絶羨ましいスバルファンがいるなら、22B以上のレア度となるWRカーの購入をおすすめしたい。

 【詳しくはこちら】

クラシックドライバー公式ホームページ

GTネット公式ホームページ

画像ギャラリー