【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

登場間もないダイハツのブーンとキャストで徹底比較

「軽自動車とリッターカーはどちらが得か?」というのは昔からよく議論されるテーマである。

webcartop_軽vsリッターカー26

 今回はほぼ同等の装備を持つ軽自動車とリッターカーということで、軽自動車はダイハツ・キャストスタイルX”SAⅡ”(車両本体価格128万5200円)、リッターカーはダイハツ・ブーンX”Lパッケージ・SAⅡ”(車両本体価格132万3000円)をサンプルに、1年1万km乗るという仮定で、5年5万㎞を乗り(3年目の初回車検代も含む)、売却するまでというライフサイクルでみた出費を計算してみた。

①イニシャルコスト(購入時の価格)  ※表1参照
キャスト 約150万円   ブーン 約158万5000円

※オプションは標準的なカーナビ関係、ETC車載機、フロアマットというシンプルなもので統一

 イニシャルコストでは約4万2000円の車両本体価格の差に加え、エコカー減税が、

 キャスト:取得税&重量税免税
ブーン:取得税80%、重量税75%軽減

 なのに加え、軽自動車には購入時の自動車税の月割がなく、キャストは0円で済むこともイニシャルコストの安さに大きく影響した。

webcartop_軽vsリッターカー34

②ガソリン代
キャスト 28万5600円  ブーン 30万6000円

 ガソリン代は燃費をそれぞれのJC08モードの70%(JC08モード燃費30.0㎞/ℓのキャストは21.0㎞/ℓ、JC08モード燃費28.0㎞/ℓのブーンは19.6㎞/ℓ)、ガソリン単価はレギュラーガソリンをリッター120円と仮定して計算した。

webcartop_軽vsリッターカー22

  

③購入翌年以降4年間の自動車税 ※表2参照
キャスト 3万7800円   ブーン 9万6000円

 それぞれエコカー減税の対象になるため、購入翌年の自動車税は

 キャスト:50%軽減
ブーン:75%軽減

 となる。それでも基準となる年間の自動車税自体の差が大きくものをいい(キャスト年間1万800円、ブーン2万9500円)、決定的な差が付いた。

④5年間の任意保険

※エントリードライバーを想定し、全年齢対応、車両保険なし、対人、対物無制限で計算。

 この条件での任意保険の掛け金は新規加入となる初年度のキャスト約13万円、ブーン約16万円といったところ。2年目以降の掛け金を計算することは難しいが、任意保険の掛け金はキャストの方が年間おおよそ2万5000円安といったところだろう。

webcartop_軽vsリッターカー29

 結果、ブーンに対しキャストは初年度3万円安、2年目から5年目2万5000円安×4年間=10万円安とすると、5年間で合計13万円キャストの方が安く付く。

  

⑤初回車検代  表3参照
キャスト 2万6370円  ブーン3万7840円

 軽乗用車とリッターカーで車検時の整備費用に大きな差はないと考え、ここでは車検継続時に掛かる大きな法定費用である重量税と自賠責保険のみで計算。自賠責保険は大きな差はないが、購入時の重量税が免税になるキャストは初回継続車検時の重量税も免税となり、ブーンに対し初回車検の費用でも若干のアドバンテージを持つ。

  

webcartop_軽vsリッターカー36

⑥5年後の査定
キャスト 40万円  ブーン 35万円

 5年、5万km乗った時点の査定は車両価格はブーンの方が高いにもかかわらず、一時期ほどではないにせよ軽自動車という依然人気のカテゴリーに属するキャストは強い。

webcartop_軽vsリッターカー27

  

⑦収支決算 ※表4参照

 それぞれの5年間の出費(イニシャルコスト、ガソリン代、自動車税、任意保険代、初回車検代)の合計から5年後の査定を差し引いた収支決算はキャスト約145万円、ブーン約180万5000円、約35万5000円という大きな差が付いた。

webcartop_軽vsリッターカー28

 さらに今回は計算に入れなかったが、軽自動車には高速料金の安さという強みもある。長い目で見るとこれだけの差額があることを踏まえると、キャストであればスタイルと最低地上高が高いグレード、「アクティバ」に設定されるターボ車(FF車で151万7400円)を買っても、長期的にみれば132万3000円と車両価格の安いブーンに対して出費は少ないと予測でき、リッターカーのライバルは軽のターボ車と考えた方がいいだろう。

webcartop_軽vsリッターカー37

 しかし軽自動車の中では格の高いターボ車とブーンのようなリッターカーを比べると、リッターカーには「白いナンバープレートが付く登録車の底辺」という印象が否めず、軽自動車の性能がリッターカーに肉薄している現代においては、安上がりな軽自動車ではなくリッターカーを買う理由は見出しにくい。

 リッターカーを買うのであればもう15万円くらい予算を工面して、車両本体価格140万円台のスイフト、デミオ、フィットといった1.3ℓ級エンジンを積むコンパクトカーを考えた方が、出費は多くとも出費に見合った機能、満足を得られるのではないだろうか。

画像ギャラリー