【今さら聞けない】エンジンパワーの「馬力」ってどのぐらいの力? (1/2ページ)

【今さら聞けない】エンジンパワーの「馬力」ってどのぐらいの力?

この記事をまとめると

■クルマのエンジンのスペックを見ると馬力を数字で表している

■現在は出力を国際規格のSI単位であるkWで表現するよう定められている

■1馬力は735.5Wに換算され仕事率を表している

じつは人間だって頑張れば1馬力は出せる!

 力のあるエンジンを表現するのに、「馬力がある」という言葉を使うこともある。このように表現として、出力を示すのに「馬力」という言葉を使うが、じつを言うと「馬力」という単位(アルファベット表記でPSやHPなど)を使うことは基本的にはNG。今は仕事率を示すのには国際規格のSI単位である「kW(キロワット)」を使うように定められている。

【関連記事】【今さら聞けない】エンジンブレーキって何ですか?

webcartop_馬力06

 クルマのパワートレインでは、その単位に仕事率のkW(キロワット)が使われている。では、仕事率とはなにかといえば、1秒あたりに変換されているエネルギーのこと。だから燃料を燃やして運動エネルギーへと変換しているエンジンの性能は出力で示されるというわけだ。

webcartop_馬力01

画像ギャラリー


新着情報