【ハイソカーにシーマ現象】ブームを生んだクルマたち

【ハイソカーにシーマ現象】ブームを生んだクルマたち

時代の流れを掴んで売れまくったクルマ

 何事にも流行り廃りがあるように、自動車業界にも流行に乗って売れまくった車種というのものが存在する。今回は、そんなブームに乗って好調な販売を記録した過去の名車たちを振り返りたい。

トヨタ・ソアラ(2代目)

 BMW6シリーズやメルセデスベンツSLCに対抗するべく、1981年にトヨタが世に送り出したスペシャリティカーがソアラだ。1986年には2代目へとフルモデルチェンジを実施し、当時のトヨタの技術の粋を集めた高級パーソナルカーとして更なる進化を見せつけていた。当時はまさにバブル期真っただ中ということもあり、クラウンをも上回る価格帯にも関わらず好調な販売を記録し、30万台以上の販売台数をマークした。

webcartop_ブーム04

日産・シーマ(初代)

 1987年の東京モーターショーに参考出品されるや否や、大きな話題を集めたシーマ。5ナンバー枠にとらわれずに、最初から3ナンバーサイズありきでデザインされたハードトップボディは「日本的な味を持った世界に通用するクルマ」という謳い文句に相応しいものだった。また、セラミックターボ付きのVG30DETエンジンはパワフルで、リアを沈ませながら猛然とダッシュする姿に魅了された人も多く、初年度のみで3.6万台もの販売台数を記録し「シーマ現象」と呼ばれるに至った。

webcartop_ブーム03

トヨタ・RAV4(初代)

 今でこそ都会的なクロスオーバーSUVが人気となっているが、90年代初頭までは、SUVといえばラダーフレームを持ったガチガチのクロスカントリー車が主流だった。そんな中、セリカ系などの乗用車のコンポーネンツを流用しながら、SUV的な性格を持つ「ライトクロカン」というジャンルを開拓したのがRAV4だ。当時はCMキャラクターに木村拓哉を起用し、本人も実際に愛用していたことでさらに知名度を上げた。

 webcartop_ブーム02

ホンダ・ステップワゴン(初代)

 それまでもワンボックスをベースにした多人数乗車が可能な車両は存在していたが、キャブオーバータイプで運転席下にエンジンを持つFRレイアウトの車両が主流だった。そんな時代にFFレイアウトでフラットなフロアを持つ「クリエイティブムーバー」として登場したのが初代ステップワゴンだった。今でこそどのメーカーも採用しているスタイルだが、普及のキッカケとなったのは間違いなくステップワゴンだろう。

webcartop_ブーム01

 今回は過去に流行を作ったクルマを中心に紹介したが、これからはどんな流行がくるのだろうか。「2000年代初頭にはプリウスというクルマが流行って……」と言われる時代が来るのは確実だろうが(笑)

webcartop_ブーム

画像ギャラリー