【マツダGLOBAL MX-5 CUP】レース2で日本の堤選手が表彰台獲得! (1/2ページ)

北平選手は予選のクラッシュで残念ながら欠場

 マツダ・ロードスターの米国モデル「MX-5」をベースにした車両を使って開催される「GLOBAL MX-5 CUP(グローバル・エムエックスファイブ・カップ)」。日本シリーズは2017年度からスタートとなるが、その日本シリーズ開催を前に、すでに同シリーズが開催となっているアメリカで、日本、ヨーロッパ、そしてオーストラリアの選手を招いての世界戦が開催された。

webcartop_01start

「GLOBAL MX-5 CUP」は全世界共通でまったく同じマシンを使ってレースをするという趣旨のもとで開催されるシリーズ。2リッターエンジンを搭載した左ハンドルのMX-5で、タイヤやサスペンションなどが統一されており、ロールケージまでもが世界共通。マシンに自ら持ち込めるのはシートのみというレギュレーションである。

 そのこけら落としともいえる世界戦。舞台はアメリカ・カリフォルニア州モントレーにあるマツダ・レースウェイ・ラグナセカだ。ドライバーは、アメリカの10名の選手のほかに、日本、ヨーロッパ、オーストラリアから9名のドライバーが選抜され、合計19名で争われた。アメリカ以外はまだシリーズが発足していないため、車両はアメリカチームが提供する。

webcartop_04

 日本からは若手2名のドライバーが参加。2015年のロードスター・パーティーレースⅡでタイトルを獲得し、今年はスーパー耐久シリーズへマツダ・ロードスターで参戦中の大学生ドライバー堤優威(つつみ・ゆうい)選手(01号車)と、井原慶子さんの主導で行われているMWIM(マツダ・ウィメン・イン・モータースポーツ・プロジェクト)の第一期生で、2016年のロードスター・パーティレースⅢ北日本シリーズの第2・3戦(スポーツランドSUGO)で連続表彰台を獲得している北平絵奈美(きたひら・えなみ)選手(02号車)。

webcartop_10enami

 レースウィークは、9月9〜11日の3日間のスケジュールで開催となった。初日は2回の練習走行と予選。そして2日目、3日目にそれぞれ1レースずつ開催される。予選では堤選手が1分42秒578のタイムで、このコースに慣れているアメリカ勢に割って入る5番手のタイムを獲得。北平選手は、予選セッション中にスピンした車両を避けた際にウォールに接触し、マシンを大破。本人に大きなケガはなかったものの、この世界戦決勝欠場となってしまった。

 グローバルMX-5カップは、レース距離ではなくレース時間45分間で行われるスプリントレース。土曜日に開催されたレース1では、最終盤にクラッシュがありイエロー・コーション。ペースカーランのままチェッカーとなった。日本人唯一の参戦となった堤選手はトップと同じ24周を走行し、8位でフィニッシュしている。