【意外と知らない】124スパイダーで話題の「アバルト」ってなに?

noteで書く
【意外と知らない】124スパイダーで話題の「アバルト」ってなに?

かつてはオリジナル車を生産する自動車メーカーだった

 マツダ・ロードスターの兄弟車といえる「アバルト124スパイダー」、フィアット500のハイチューン仕様といえる「アバルト500/595/695」シリーズをラインアップするABARTH(アバルト)は、フィアット車のスポーティブランドという位置づけだが、かつては自動車メーカーだった。

【関連記事】【日本初公開】アバルト124スパイダーは170馬力の1.4リッターターボ搭載

web-cartop_11

 創業者であるカルロ・アバルトによって1949年に設立された「アバルト&C.」社は、もともとオリジナルモデルを生産する自動車メーカーだった(とはいえ、エンジンはフィアットから供給を受けていた)。

WEB CARTOP

 そのエンブレムは、カルロ・アバルトの誕生月の星座にちなんだサソリが描かれたもの。主にフィアット系量産車をベースとしたチューニングカーやコンプリートカーのビジネスで成功した1960年代に、サソリのエンブレムへの憧れは高まったと言われている。WEB CARTOPWEB CARTOP

 しかし、チューニング技術やコンプリートカーへの高い評価と裏はらにモータースポーツへの傾倒はビジネスの危機を呼び、1971年にはフィアットに吸収されてしまう。意外にも、独立した自動車メーカーとしては20年余りの歴史しかないのである。web-cartop_1_59

 以後、フィアットのモータースポーツやハイパフォーマンスモデルに「ABARTH」の名前を残してきたが、1980年代に会社組織としての「アバルト&C.」は消滅してしまう。WEB CARTOP

 その「アバルト&C.」が復活したのは2007年。日本の上陸したのは2009年、フィアット500をベースにエンジンやサスペンション、ブレーキなどを強化したアバルト500の導入によって、サソリ・エンブレムは再び輝きを取り戻したのであった。WEB CARTOPWEB CARTOP

 124スパイダーにしても、海外ではフィアット124スパイダーとして売られている地域もある。つまり、「アバルト」の名を冠しているということはハイチューンバージョンであり、日本のユーザーにスポーツカーとして提供したいという思いの現れだ。WEB CARTOP

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報