【栄光のレースマシン】日産レジェンドカーのヒミツ5選 (1/2ページ)

【栄光のレースマシン】日産レジェンドカーのヒミツ5選

逆パターンのシフトから速すぎて言えなかった最高速まで

 2016年11月19日、20日に鈴鹿サーキットで行われる、『SUZUKA Sound of ENGINE2016』に集結するマシンのうち、日産系のレジェンドカーのヒミツを、ポロリと紹介。

【関連記事】R380やスカイラインスーパーシルエットなど往年の名車5台がツインリンクもてぎで激走!

WEB CARTOP

①スカイライン2000GT(S54)のヒミツ

 1964年の第2回日本GPで、ポルシェ904に一太刀浴びせた、2代目スカイライン。WEB CARTOPコックピットを覗き、ステアリングのホーンボタンの位置を見ると、シフトパターンが書いてあるが、なぜか通常のパターンとは逆に、右上がロー、右下がセカンド、左上がリバースで、左下が5速(オーバードライブ)となっている……。WEB CARTOP理由について、ニスモのスタッフに訊ねてみたところ、S54の市販車は、コラムシフトで、それをレース用にフロアシフトに改造した関係で、このようなシフトパターンになったのでは、という話だった。WEB CARTOP

 ちなみにスカイラインのアイデンティティともいえる、丸いテールランプもこのS54が元祖。WEB CARTOP日本GP終了後、レースマシンと同じく、3連のウェバーキャブを装着したスカイライン2000GT-B(125馬力)と、シングルキャブの2000GT-A(105馬力)が発売され、GT-Bには赤を基調にした「GT」のエンブレム=「赤バッチ」、GT-Aには、青を基調にした「GT」のエンブレム=「青バッチ」が付けられた。以後、「赤バッチ」は、スカイラインの最強バージョンのシンボルとなった。WEB CARTOP

②R380のヒミツ

 1966年の日本GPの優勝車。開発リーダーはスカイラインの生みの親、桜井眞一郎さん。WEB CARTOPエンジンは上掲のS54スカイラインGTのG7型をベースに、OHCをDOHC4バルブに改良したGR8型。このエンジンが、ハコスカGT-Rの心臓S20エンジンのベースとなる。WEB CARTOP

 当時最先端の空力ボディは、東京大学宇宙航空研究所で風洞実験までして開発された。プリンス自動車工業と日産の合併後、1967年に改良型のR380AⅡで、当時、茨城県の谷田部にあった自動車高速試験場テストコースで、平均速度230㎞/h以上など、7つの世界速度新記録を樹立した。WEB CARTOP

 しかし、その最大の謎は、コックピットの足元が、ドライバーが乗り込めないぐらい狭いこと。タイトなドライビングシューズですら、乗降、そしてペダル操作に支障が出るほどの狭さで、当時のドライバーが、どのように運転していたのかが定かではない。WEB CARTOPWEB CARTOP_1_121-WEB CARTOP

 余談だが、ステアリングも円形ではなく、なぜか下部ではなく、上部が途切れたC型のデザイン……。

 写真のR380は、1996年に桜井眞一郎氏が起こした会社、S&Sエンジニアリングで当時の図面をもとに復刻されたクルマだが、現役時代のR380のコックピットもここまで狭かったどうかは、ニスモのスタッフも把握してはいないようだった……。WEB CARTOP_1_87-

画像ギャラリー