ニュルFF最速のエンジンを搭載した新型ルノー メガーヌR.S. 273を発表! (1/3ページ)

ニュルFF最速のエンジンを搭載した新型ルノー メガーヌR.S. 273を発表!

ニュルアタックマシンの273馬力エンジンを搭載

 ルノー・ジャポンは2016年10月5日、新型メガーヌ ルノー・スポール273及び、それをベースにした限定車、メガーヌ ルノー・スポール273トロフィーS<LHD>(50台限定)を発表した。

【関連記事】【試乗】純粋に走りが楽しめるルノー カングー ゼンEDC!

web-cartop355
この2台はルノーが誇るCセグメントハッチバック、メガーヌのハイエンドに位置するスポーティモデル。ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが、モータースポーツ活動から得られた技術をフィードバックし、チューニングを施している。

web-cartop657
ルノーは以前、世界一過酷な市販車のテストコースとして名高いサーキット、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、量産FF車最速を目指してクルマを開発した。そして2014年5月、当時最速となる8分切りの7分54秒36という記録を打ち立てたのだ。そのクルマこそがメガーヌR.S.トロフィーRである。

web-cartop237
今回導入された2台は、このエンジンが搭載されている。車名の273は273馬力を示すものだ。先代のエンジンは265馬力、360N・mというスペックで、今回のエンジンは8馬力アップで最大トルクはそのまま360N・mとい数値。これだけ見ればあまり変わりがないように感じるかもしれないが、最大トルクを発生するバンドが高回転側へと広くなったことで、ドライバビリティが向上している。

画像はこちら
もちろんエンジン以外も、スポーティな走りを支える機能パーツは充実。激しいコーナリングGでも身体をシッカリと支えるレカロ製バケットシート、強靱なストッピングパワーを発揮するブレンボ製モノブロック4ポットフロントキャリパーなどが装備される。

web-cartop230
そのメガーヌR.S.273をベースに、さらなるチューニングを施したのがメガーヌR.S.273トロフィーS<LHD>だ。

web-cartop330

 オーリンズ製ダンパー、4本で5kgの軽量化となるスピードライン製19インチアルミホイール、4kg軽くなるアクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、2014年5月にニュルでアタックしたマシンに近い仕様となっている。

web-cartop232

画像ギャラリー