名車がずらり! マロニエ・オートストリー『秋』ミーティングが開催【画像30枚】 (1/2ページ)

名車がずらり! マロニエ・オートストリー『秋』ミーティングが開催【画像30枚】

宇都宮市の自然とクラシックカーがマッチ

 2009年から栃木県宇都宮市「ろまんちっく村」で行われている、マロニエ・オートストーリー・フォーラムが主催するイベント「マロニエ・オートストリー『秋』ミーティング」が2016年10月9日に行われた。生憎の天気にもかかわらず48台のクラシックカーが集結した。web-cartop_1_812

 今回で8回目を迎える「マロニエ・オートストリー『秋』ミーティング」は、「ろまんちっく村」の20周年を記念し、宇都宮市の大谷採石の歴史伝統をクルマと共につなぐ・伝える・鑑賞するをテーマに行われた。web-cartop_1_11

「ろまんちっく村」を起点に大谷資料館、今市市、日光杉並旧道という約70kmの走行会を行い、道行く人の視線を奪っていた。web-cartop_1_75 ケータハム スーパー7 アルファ・ロメオ ジュリア1300TI大谷資料館に集結した47台。これだけの名車が一堂に会したところを見られることは2度とないだろう。web-cartop_1_402 web-cartop_1_711 web-cartop_1_751

 参加車両は1984年までに製造したクルマ、もしくは主催者が認めた車両ならばそれ以降のモデルも参加することができる。走行会は、宇都宮の自然とマッチしクルマの魅力をさらに引き立てていた。web-cartop_1_760

 走行会が終了するとメイン会場の「ろまんちっく村」に展示されるほか、バンドの生演奏やテントブースなど偶然訪れた人でも楽しめる和気あいあいとした雰囲気だった。web-cartop_1_785 web-cartop_1_824

 会場ではプチ・モーターショーとして、往年のラリーを模したマシンや栃木県警によるホンダNSXや日産Zのパトカーも展示。偶然訪れたホンダNSXのオーナーは栃木県警のご厚意で愛車と共に撮影も出来た!web-cartop_1_854 web-cartop_1_843web-cartop_1_815

 また、展示車として、Leyton House GC MCS7 #16の萩原光選手・関谷正徳選手がドライブしたGCマシンも登場。web-cartop_1_832

 クルマ好きからそうでない人まで、コミュニケーションで広がる輪となる貴重な1日になったはずだ。

画像ギャラリー