【試乗】女性専用なんてもったいない! ダイハツ・ムーヴキャンバス (1/4ページ)

【試乗】女性専用なんてもったいない! ダイハツ・ムーヴキャンバス

単にカワイイだけじゃない上質なデザイン

 ダイハツから登場した軽自動車ムーヴのニューファミリー『キャンバス』は、“最新が最良”という言葉がピッタリのモデル。ストライプとモノトーンの計17色の豊富なカラーバリエーションを揃えるキャンバスは、それぞれのカラーが引き立つ丸みを帯びたフォルムにグリルやライトの新デザインを得て、その個性を新しさとともに感じられそう。

webcartop_05

 なんとホイールカバーを採用するモデルながら、デザインを優先するあまりその下のスチールホイール自体の形状も変えるほどのこだわりぶりだ。ブレーキ冷却用の穴とその効果を何度もテストしての採用とのこと。じつはこのキャンバスは、ココアやコンテに続く女性向けのモデルとして発表されている。

webcartop_10

 が、デザインにも質の高さが感じられ、使い勝手に優れるこのモデルは女性だけのモデルにしておくのはもったいないと思う男性がいても不思議ではない。親子で、夫婦でシェアして乗ってもOKな実力をもっていると感じたのだ。

webcartop_31
ボディサイズは標準モデルのムーヴに対し、全長や全幅は同サイズとしながらも全高は25㎜高く、室内の長さは+35㎜、幅+25㎜、高さ+5㎜。

webcartop_09

 ちなみにタントと比べると全高は95㎜も低く、たとえば運転席に着座時のヘッドクリアランスはタントのような盛大に広いタイプではないものの、ほどほど十分に広いという印象あり。

webcartop_12

 それに、なんとキャンバスには両サイドにオートクロージャ―付スライドドアが採用されている。そこでキャンバスはタントほど背は高くなくていいけれど、両サイドドアは便利で嬉しいという方には魅力的なパッケージ。さらスライドドアと工夫を凝らした収納が助かり、楽しめる“置きらくレイアウト”と呼ばれる新しい工夫もあり。

webcartop_23

画像ギャラリー