【名車揃い!】惜しまれつつも消えた「いすゞ」の乗用車その① (2/2ページ)

「街の遊撃手」のTVCMが印象的なジェミニ

ジェミニ

 1971年にGMの傘下となったいすゞがGMの世界戦略車構想に基づき、オペル・カデット(Tカー)をベースに登場させたのがジェミニである。WEB CARTOP世界戦略車ということで、多くの兄弟車が存在していたことからふたご座の意味をもつジェミニという名前が付けられたといわれている。WEB CARTOP’85年にはFFとなった2代目にバトンタッチを果たし、「街の遊撃手」のコピーでパリの街なかをカースタントで駆け抜けるCMが話題となった。’90年には3代目へとフルモデルチェンジを果たしたが、バブル経済の崩壊に伴い販売台数が減少。乗用車生産からの撤退を発表し、4代目、5代目はホンダからのOEMとなってしまった。WEB CARTOP

ピアッツァ

 1979年のジュネーブショーに登場した「アッソ・デ・フィオーリ」は、ジウジアーロがデザインした「1980年代のボディライン」を具現化したコンセプトカーだった。WEB CARTOPその市販車離れしたデザインは、誰しもコンセプトカー止まりと考えていたが、’81年になんとほぼそのままの姿で市販された。それがピアッツァである。web-cartop_72’85年にはドイツのチューナー、イルムシャーが足まわりのチューニングを施したイルムシャーグレードを追加。’88年にはイギリスのロータスとの技術提携によってハンドリングbyロータスが登場するなど、多くの派生グレードも誕生している。WEB CARTOP’91年には2代目へ移行したが、’93年のいすゞ自動車の乗用車開発・製造撤退によって絶版となり、この車両がいすゞが自社開発した最後の乗用車となっている。

画像ギャラリー