この時代に新車価格が120万円以下! 買って満足のオススメ国産車5選 (1/2ページ)

この時代に新車価格が120万円以下! 買って満足のオススメ国産車5選

意外とリーズナブルなクルマたち!

 新車=高価というイメージをおもちの方も多いだろう。もちろん安価とはいわないが、新車であればメーカー保証があったり、通常よりも割安な点検のパックがあったり、燃費の面でも古いモデルよりも優れていて、トータルコストを含めて考えれば意外とリーズナブルだったりすることも。

 購入方法に関しても、残価設定ローンなどを利用すれば月々の支払いもグッと安く抑えられるだろう。そこで、今回は車両価格120万円以下の車両を集めてご紹介したい。

①ホンダ・N-WGN G(116万4000円)

 今や軽自動車もエントリーモデルモデルのコンパクトカーに勝るとも劣らないレベルに達している。WEB CARTOPさすがに高速道路を延々と走るようなシチュエーションでは普通車に分があるが、街なかを走り回るという点では、よりコンパクトな軽自動車のほうが優れているといっても差し支えないレベルとなっている。そんな軽自動車のなかでも走りの質感という面で高いレベルにあるのが、ホンダのNシリーズだ。WEB CARTOPなかでも一番ベーシックなのがN-WGNで、120万の予算があれば、オートエアコンにスマートキーなどが標準装備されるGグレードを選ぶことが可能となる。やはり選択すると120万を超えてしまうが、オプションで自動ブレーキが装備される「安心パッケージ」の設定があるのも嬉しいところ。WEB CARTOP

②ダイハツ・ムーヴキャンバス L(118万8000円)

 スペース効率を優先した背の高い軽乗用車が全盛の今、高さにこだわらず個性的なルックスで人気を集めているムーヴキャンバスにも120万円を下まわるグレード(L)が存在する。WEB CARTOP残念ながら自動ブレーキ機能が備わる「スマアシII」装着グレードは予算オーバーとなってしまうが、可愛らしいルックスや使い勝手のよい両側スライドドアは不変。予算にはシビアでも安っぽい雰囲気は許せないというユーザーにはオススメできる1台だろう。WEB CARTOPまた、両側スライドドアを持ちながら車両重量910kgと比較的軽量に仕上がっているのも見逃せないポイント。排気量に制限のある軽乗用車は、ちょっとした車重の違いで動力性能や燃費に差が出てきてしまうのだ。

画像ギャラリー