【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは? (1/2ページ)


道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている

交差点などに引かれている停止線。ここで一時停止するのは当然にせよ、どこで止まるのが正しいか、自信を持って答えられるだろうか?WEB CARTOP

①:停止線にフロントバンパーの先端を合わせる

②: 停止線にフロントタイヤの位置を合わせる(駐車場の車止めの感覚)

③:停止線の手前(直前)で止まる

正解は③の「停止線は、車両のいかなる部分でもその線を越えて停止してはならないことを示す標示」だ。WEB CARTOP

・道路交通法第43条

「車両及び路面電車は、交通整理が行われていない交差点またはその手前の直近において、一時停止の道路標識等により一時停止すべきことが表示されているときは、道路標識等による停止線の直前(停止線がない場合は、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない」

ここに、“停止線の直前”とあるのがキモであって、街中でよく見かける、停止線からクルマ一台分ぐらい手前で止まっているクルマは、厳密にいえばアウト! こういうクルマは、運転席からボンネット越しに、停止線が見えるか見えないかといった位置で止まっているのだろうが、きちんと先頭をそろえてくれないと後続車が迷惑する。WEB CARTOP

同様に、一度かなり手前で止まって、赤信号のうちにズルズル前に動いて位置を微調整するクルマも迷惑な存在。もっと車両感覚を磨いて、一発で正しい位置に停止して欲しい。WEB CARTOP

反対に、停止線にタイヤを合わせればOKだと思っていた人も多いだろうが、停止線にタイヤを合わせると、オーバーハング分は停止線オーバーとなっているので、これまた厳密にいうと、交差点進入禁止違反もしくは信号無視に問われるリスクがある。WEB CARTOP