【HKSプレミアムデイ】チューニングの楽しさを感じられる2つの試乗体験は刺激的 (1/2ページ)

【HKSプレミアムデイ】チューニングの楽しさを感じられる2つの試乗体験は刺激的

自らステアリングを握って走れる試乗会も用意

 HKSプレミアムデイの恒例イベントとなっているのが、自らステアリングを握りHKSパーツを装着したデモカーの走りを味わう「プロダクツ体験試乗会」と、フルチューニングカーによるサーキットでの非日常体験を楽しむ「同乗走行」だ。WEB CARTOPいずれもHKSがチューニングの魅力を体感してもらい、もっと手を加えることを楽しんでほしい、という思いを込めて開催している。プロダクツ体験試乗会は、今年から会場をパドック裏のメイン会場から少し離れた第7パーキングへ移して行われた。WEB CARTOP

 会場にはトヨタ86やスバルWRXのようなスポーツカーだけでなく、ホンダS660の軽自動車からトヨタ ヴェルファイアやマツダCX−3といったミニバン、SUVに至るまで多種多用なカテゴリーのクルマが11台持ち込まれた。WEB CARTOP

 これまでは設定された富士スピードウェイの周回路を走るだけだったが、今回は会場にスラロームコースも用意され、スラロームのみ/周回路のみ/両方と3つから選べるようになったのが新しいポイント。周回路だけでは体験できなかった限界域でのハンドリングやブレーキ性能などをカスタマイズの効果を自らの肌で感じることができるのは非常に有意義な経験だろう。

 参加したオーナーは一様に満足の表情を浮かべ、HKSスタッフとも積極的に意見交換をしていたのが印象に残った。WEB CARTOP

  

画像ギャラリー