【ジュネーブショー2017】最高出力210馬力以上! トヨタ・ヤリスGRMNが世界初公開

日本でもヴィッツGRMNとして発売される予定

 現在開催中のジュネーブモーターショー2017において、トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)のハイパワーバージョンとなるヤリスGRMNがワールドプレミアされた。ヤリスといえば先月、今シーズンから参戦しているWRC(世界ラリー選手権)第2戦のラリー・スウェーデンで優勝。絶好のタイミングでの発表となった。

 日本でいえば、かつてラインアップされていたヴィッツG’sの後継モデルとして、GRというシリーズの登場が噂されているが、まずはトップに位置するモデルとして、エンジンにも手を加えたハイパワーバージョンが欧州に登場したのだ。

ベースモデルのエンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターハイブリッドの3タイプ。一方、今回のGRMNには、最高出力210馬力以上を誇る1.8リッタースーパーチャージャーが搭載される。これはロータス・エリーゼのユニットと同じ、2ZR-FEにスーパーチャージャーを組み合わせたものだ。

 実際に搭載するにあたっては、取り回しやECUなど、変更が施されているそうだが、刺激的な走りはそのまま。0-100㎞/h加速、4速ギヤでの80-120㎞/h加速は、クラストップレベルだという。

 またボディは日本では設定のない3ドア。白いボディに赤/黒のアクセントは、ヤリスWRCを彷彿とさせる。センター出しのマフラーもスポーティだ。そのほかホイールはBBS、サスペンションはC-HRや86への採用で定評のあるザックス。さらにトルセンLSDの搭載など、コーナリング性能も高められている模様だ。

 そして何よりこのクルマに対して高い期待を抱いてしまうのは、チーフエンジニアが86を手がけた多田哲哉さんだということだ。

 ちなみにこの日は多田さんの60歳の誕生日。ヤリスGRMNの公開と還暦を祝って赤い花の前で撮影させてもらった。

 さて、発売は2018年初頭だが、2017年から予約をスタート。欧州限定発売とされているが、ヴィッツGRMNとして、日本でも発売されることは間違いない。ただし仕様は変更される可能性も……。日本仕様の情報が入り次第、こちらでもお伝えしたい。