【噂の真相】冬こそオープンカーの季節というけど本当か?

鉄板で快適なのは春と秋だが日本の場合夏よりも冬のほうが快適

 当たり前だけど、ルーフが開くのがオープンカー。メリットはなんといっても、オープンエアーだ。つまり風や太陽の光りを感じながら走れるということ。日射量が少なく、日光浴の習慣もある欧州ではとくに人気で、高級車から実用車まで多くのオープンモデルが存在している。もちろん開けたときの格好よさも特徴だろう。

 オープンカーに合った季節はいつかという話はクルマ好きのなかではよく出る。乗ったことない人は夏に乗れば涼しそうというが、直射日光にさらされてジリジリするだけ。エアコンももちろん効かないので、高温多湿の日本ではなおさら厳しい。

 となると、鉄板で気持ちいいのは、春と秋だ。日差しも柔らかく、流れる風も気持ちいい。そういう意味では夏の夜もまあまあ気持ちはいいかもしれない。

 そしてオープンカー乗りが真骨頂というのが冬。知らないひとにとっては寒いだろうと思うが、厚着をしてヒーターを全開にすればそれほど寒くはない。

 最近のオープンカーであれば、空力を追求して車内に風が流れ込まないようになっている。クルマによっては髪すらも乱れないほどだ。そして直接響くエンジン音など、バイクを運転しているような、操っている感を楽しめる。

 こうなれば、快適とはいえないまでも、オープンエアそのものを楽しむという点では十分ありだろう。これが冬こそ、オープンカーという醍醐味といえる。

画像ギャラリー