ニューヨークショーでレクサスLS500″F SPORT”登場(動画あり)

ニューヨークショーでレクサスLS500"F SPORT"登場(動画あり)

大径20インチのランフラットタイヤを装着

 レクサスは2017年4月12日から23日の期間で開催されているニューヨーク国際オートショーにおいて、フラッグシップセダンLS500″F SPORT”を公開した。

【関連記事】【疑問】オービスの手前に引いてある白線って何?


LS500は新開発のGA-Lプラットフォームを採用し、大型ラグジュアリーセダンでありながらも低く流麗なスタイリングを実現。V型6気筒3.5リッターツインターボエンジンを積み、421馬力600N・mを発生するLS500と、V型6気筒3.5リッターエンジンにマルチステージハイブリッドシステムを組み合わせ、システム出力359馬力を発揮するLS500hをラインアップ。


F SPORTはその両グレードに設定されるスポーティバージョンで、20インチベンチレーテッドディスクブレーキ、20インチランフラットタイヤなどで走りのパフォーマンスを強くアピールする。


またエクステリアでは、これまでのF SPORTシリーズでも採用していた、縦基調のメッシュグリルを装備して、引き締まった印象を与える。


インテリアは、握る位置で断面形状を変えたという専用ステアリング、LFA由来のメーターリングがスライドするTFT液晶メーターなどが、F SPORTであることを主張する。


今回は登場シーンを動画に収めた。ご覧いただきたい。

画像ギャラリー