アルファロメオの創業107周年記念車「4C/4Cスパイダー107th Edition」の受注開始

アルファロメオの創業107周年記念車「4C/4Cスパイダー107th Edition」の受注開始

国内未導入カーボンパーツを採用しお買い得価格に

 FCAジャパンは、アルファロメオ創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」の受注を、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で行う。受注は全国のアルファロメオ正規ディーラーで受付け、価格は特別オプションを装備し税込み1070万円。

【関連記事】【今さら聞けない】クルマに暖機運転は必要なのか?

「4C/4C Spider 107th Edition」は、国内未導入のカーボンパーツを、フロントのエアインテークをはじめ、バンパー、ドアミラーカバー、サイドエアインテークに採用したことでプレミアム感を強調。さらに「4C 107th Edition」には、カーボン製のルーフパネルやロールバーカバーを装着したことでスポーティを主張した。画像はこちら

 また、走りのキモとなる足まわりはスポーツサスペンションに加え、タイヤはピレリPゼロを装着。アクラポヴィッチ製デュアルモード付きチタニウムセンターエグゾーストシステムからは官能的な排気音を発生する。画像はこちら

 インテリアはブラック、レッドブラウンのレザーシートかアルカンターラシートが選択できる。また、レッド、イエロー、ブラウンのステッチが施されているレザーインストルメンタルパネルかカーボンインストルメンタルパネルを選ぶことが可能だ。画像はこちら

 スイッチを押すたびに特別感を感じられるカーボン製シフトボタンベゼルなど、ファンにとっては間違いなく魅力的なモデルである。このチャンスを見逃さないようにしてほしい。

画像はこちら

画像はこちら 画像はこちら 画像はこちら 画像はこちら 画像はこちら

画像ギャラリー