ホンダ フィットが進化! ホンダセンシングを採用しエンジンもボディも改良 (1/4ページ)

ホンダ フィットが進化! ホンダセンシングを採用しエンジンもボディも改良

単眼カメラ+ミリ波レーダーのホンダセンシングを搭載

2013年に発売された現行3代目ホンダ・フィットが、初のマイナーチェンジで安全・外装・内装・走りとも全方位的に進化。2017年6月30日より販売開始されることが、6月29日に正式発表された!新型フィット

ラインアップはほぼ従来どおり、ベーシックな1.3リッターガソリン車「13G」、上質な内外装を持つ1.5リッターガソリン車「15XL」、同じ1.5リッターながらスポーティな走りと内外装を備えて6速MTも設定する「RS」、1.5リッターエンジンに1モーター内蔵7速DCTを組み合わせた「ハイブリッド」の4タイプ。新型フィット

グレードは安価なものから、ガソリン車が「13G・F」、「13G・Lホンダセンシング」、「13G・Sホンダセンシング」、「15XLホンダセンシング」、「RSホンダセンシング」。ハイブリッド車には「ハイブリッド」、「ハイブリッド・F」、「ハイブリッド・Lホンダセンシング」、「ハイブリッド・Sホンダセンシング」が設定される。車両本体価格は142万8840円~236万7360円。新型フィット

今回のマイナーチェンジでは、予防安全技術が従来のレーザーレーダーを用いた「シティブレーキアクティブシステム」から、単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた「ホンダセンシング」へアップグレード。「13G・F」、「ハイブリッド」、「ハイブリッド・F」を除く全グレードに標準装備された。新型フィット

外観は「Low wide Gravity」をコンセプトに、前後ともウイング形状のバンパーを与えることで、低重心で安定感のあるスタイルを構築。フロントグリルとヘッドライトが連続するフロントマスクを備えたほか、インラインタイプのLEDヘッドライトとLEDフォグランプ、導光チューブを採用したLEDリヤコンビネーションランプを設定して、上質感を高めている。新型フィット

「RSホンダセンシング」と「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はさらに、専用デザインの前後スポーティバンパーとフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、大型テールゲートスポイラー、ブラックドアミラー、16インチアルミホイールを装着して迫力をアップ。新型フィット

さらに「RSホンダセンシング」は、バンパーにオレンジライン、フロントグリルおよびリヤライセンスガーニッシュにダーククロームメッキバーを加えてスポーティさを強調。「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はバンパーにシルバーライン、フロントグリルにブルークロームメッキバーを加えることで先進性を強めている。新型フィット

ボディカラーは新開発色がルージュアメジスト・メタリック、スカイライドブルー・メタリック、プレミアムアガットブラウン・パールの3色。新規設定色がルナシルバー・メタリック、シャイニンググレー・メタリック、プレミアムイエロー・パール2の3色で、全12色が設定された。新型フィット

インテリアの改良は質感アップに主眼が置かれている。スピードメーターの色が白基調に変更されたほか、ハイブリッド専用セレクトレバーのグリップ部を、「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はクロームメッキ、それ以外のグレードはシルバーに変更された。新型フィット

シートおよびドアトリムも同様で、「15XLホンダセンシング」と「ハイブリッド・Lホンダセンシング」にはソフトウィーブとプライムスムース(人工皮革)を組み合わせたものを標準装備。さらに、ウルトラスエード(人工スエード)とプライムスムースを組み合わせた「プレミアムブラウン・インテリア」をメーカーオプション設定している。新型フィット

「RSホンダセンシング」と「ハイブリッド・Sホンダセンシング」は、エクステリアのアクセントカラーとコーディネート。そのほかのグレードには黒を基調に洗練されたイメージが与えられた。新型フィット

画像ギャラリー