日本にある本物のアメリカンパトカーはトムクルーズとも共演した1台! (1/3ページ)

日本にある本物のアメリカンパトカーはトムクルーズとも共演した1台!

LA警察が使用していた本物のパトカーを払い下げたクルマ

 アメリカのアクション映画に欠かせないのが、パトカーによるカーチェイスや銃撃戦! あのパトカーたちのダイナミックな走り、クラッシュ、活躍があるからこそ、映画に臨場感と迫力を楽しめるというもの。そんな主役とはいえないまでも、スーパーサブとして映画を盛り立ててくれている、アメリカンパトカーから代表的な一台を紹介。アメリカンパトカー

 こちらは、JEEP Cafe Tokyoが所有する1988年製のGM社シボレーのカプリスのアメリカンパトカー。登場していた主な映画作品は、‎ブルース・ウィリス主演のダイハード1(1988年)、キアヌ・リーブス主演のスピード(1994年)などとなる。当時のアメリカのフルサイズセダンの代表格で、全米各地のパトカー、そしてタクシーの大半がこのカプリスだった。アメリカンパトカー

 撮影車は映画撮影用のムービーカーではなく、カルフォルニアのロサンゼルス警察で実際に使用していた車両が払い下げになったものを輸入した、正真正銘のアメリカンパトカー。

 グレードは「クラッシック」で、標準車のエンジンは5000㏄なのに対し、このクルマはポリスパッケージで、5700㏄に排気量アップされたモデル。ラジエターも容量アップされ、燃料タンクも150リッターに拡大されている(燃費は、リッター4kmぐらい)。アメリカンパトカー

 車重は、2.5tとさすがに重く、ドアには防弾用の特殊鋼が入っているとのこと。犯罪者、容疑者を護送することを考えて、リアのドアは内側からは開かない仕様だ。アメリカンパトカー

 バンパーも前後のクルマを強制撤去できるよう「プッシュバー」入りに……。同じロサンゼルス警察のパトカーでも高速隊のパトカーは、後席ドアが黒塗りで「Highway Patrol(ハイウェイパトロール)」のロゴが入っている。アメリカンパトカー

画像ギャラリー