ETCで入って一般ゲートで出られるのか?

カードを提示すると利用証明書が発行され割引も対応

 高速道路(有料道路)に入る時は、ETCカードをETC車載機に導入し、ETCレーンを使って入ったのに、出口料金所にETCレーンが無い場合は、一般ゲートを通るしかない。このような場合、一般レーンで料金所係員に、ETCカードを渡せばOK。ETCゲート

 料金所の係員が、電子精算するので現金の精算は不要。休日割引や深夜割引などのETC特典の各種割引サービスも適用されるので安心して欲しい。

 なお、出口料金所に、ETC専用レーンがあるにもかかわらず、一般レーンに並んでしまったというケースでも、上記のように係員にETCカードを提示すれば、ETCカードで精算され、ETC割引料金が適用になり、利用証明書が発行される。

ETCゲート

 その際は、「ETC(割引)料金でお願いします」と一言付け足しておくと安心だ。反対に、高速道路(有料道路)に、一般ゲートから通常の通行券をもらって入った場合は、ETC車載機にETCカードが挿入されていても、出口料金所のETCゲートから退出することはできないので要注意。

ETCゲート

 高速道路を降りる際は、一般ゲートで一時停車し、通行券と一緒にETCカードを係員に手渡す必要がある。ETCゲートを通過したときと同様に、係員が電子精算するので現金は不要だ。

 基本的に「入口=一般ゲート、出口=一般ゲート」の場合、カードでの精算は可能だが、ETC割引は適応されない。ただし、入口にETCが設置されていないインターや、入口のETCゲートが閉鎖されていた場合は、ETC割引も適用される(ETC車載機がないクルマは適用外)。ETCがあるのに、一般ゲートを利用するメリットはほとんどないので、できるだけETCゲートから入り、ETCゲートから出るのが一番無難といえるだろう。

ETCゲート

画像ギャラリー