走行中の助手席横の窓へのサンシェード・カーテンなどはすべて違反!

走行中の助手席横の窓へのサンシェード・カーテンなどはすべて違反!

前席3面はサンシェードを貼り付けてはいけない

 徐々に日が短くなってきたとはいえ、日中は30度を超す残暑が続くこの季節。相変わらず日差しも強く、エアコンに加えて、UV(紫外線)やIR(太陽光線の中でも熱エネルギーの高いとされる近赤外線)を遮って、少しでも快適に過ごしたいのが人情というもの。

サンシェード

 実際、タオルやカーテン、Tシャツ、吸盤で脱着可能なサンシェードなどで、日差しを遮っているドライバーをよく見かけるし、意外にタクシーやトラックなどの「運転手」でも、こうした対策を施している人が多い気がする。

サンシェード

 しかし、フロントガラスと運転席・助手席の側面ガラスには、車検の有効期限を示す検査標章や保安基準適合標章などを除き、運転者の視野の確保に支障があるものを貼るのはNGで、道路運送車両法の保安基準違反になる。サンシェード

 たとえば、メッシュのサンシェードなら視界が確保ができるのでOK、と思うかもしれないが、メッシュタイプでも、フロント三面のガラスに貼るのは、一切ご法度。そうは言っても、強い日差しを和らげたいという人は、専門店で取り扱っている自動車用のUVカットフィルムや、話題の「車内温度低減フィルム」=IRカットフィルムを貼るのがオススメ。

サンシェード

 ガラスにカーフィルムを貼ると車検に通らなくなるという噂もあるが、フロントガラス、運転席側面ガラス、助手席側面ガラスのフロント3面に関しても、可視光線透過率(簡単にいえば透明度)が70%以上であれば保安基準に適合。車検も問題なく合格する。ただし、この可視光線透過率は、フィルム単体で透過率70%をクリアすればOKというわけではなく、ガラスとフィルムを合わせたときの数値が70%以上になる必要になるので要注意。

サンシェード

 接着剤などの品質でも、可視光線透過率は左右されるので、施工は実績のある専門店にオーダーするのが一番だ。なお、リヤウインドウや後席のサイドウインドウに関しては、スモークフィルムでも、ミラーフィルムでも、カラーフィルムでも問題なく貼りつけ可能。サンシェードやカーテンを取り付けても、保安基準には抵触しない。

サンシェード

 というわけで、フロントガラスと運転席・助手席の側面ガラスの三面だけは、保安基準が厳しいので、安易な日差し対策で、違法にならないよう再点検してもらいたい。(フロント三面へのサンシェードなどの取り付けは、普通車で反則金6000円 違反点数1点のペナルティ)

画像ギャラリー