【意外と知らない】タクシーに必要な普通二種免許の難しい試験内容とは

試験場も路上も一種とは異なる技量が試される

 プロドライバーと聞くと、“レーシングドライバー”など、モータースポーツの世界でのプロドライバーを連想しがちだが、国が与える唯一のプロドライバーのライセンスがある。それが“二種免許”である。タクシー運転手や路線や貸し切りバス運転士など、いわゆる“営業ドライバー”が営業運行する際に必要となるライセンスである。

 ただ、たとえばタクシーといえども、特別われわれ一般ドライバーが運転しているクルマと操作方法に大差はない。もちろん二種免許の取得に際しては、学科試験と実技試験を受けて合格しなければならない。それでは二種免許取得に際しどんなことが必要となるのかを見ていこう。ここではおもに実技試験についてみていく。

二種免許

 二種免許は1956年に導入されている。もともとは試験場の専用コース内のみで実技試験が行われていたが、2002年より路上検定試験も行われるようになった。現在では二種免許取得を取り扱っている教習所で実技試験を受けられるようになっている(実技免除)が、2002年の路上検定試験は各都道府県の運転免許センターで実技試験を受けなければならなかった。そして、その当時に普通二種免許を取得したA氏に話を聞いた。「いわゆる”試験場一発”というものでしたので、『一種免許を持っているのだからすぐとれる』と、まさになんの準備もせずに二種免許の実技試験を受けに来たひとも見かけましたが、そんなに甘いものではありません」とのことであった。

 それでは二種免許の実技試験ではどのようなことをするのか聞いてみた。「まずはコース内の試験に合格しないと路上検定に出ることはできません。コース内で印象的だったのは”V字クランク”でしたね」。

 A氏によると一種免許のS字などのクランクと同じように、コース内の太い道路から左折すると、2メートルほど(車幅ギリギリ)のV字型のクランクコースがあるとのこと。そしてこのV字を、切り返しを行ってとおり、再び太い道路に出るというもの。「車両間隔、とくにタイヤの位置をきちんと把握しているのかを確認するもののようで、切り返しの際に縁石にタイヤをぶつけてはいけません」。

二種免許

 それでは路上検定ではどのようなことをするのだろうか? A氏によると普通二種の場合はタクシーをお客さんを乗せて運転していることを想定して行われるとのことである。自動車運転に関する基本動作はもちろんチェックされるが、その基本動作に加えてお客さんを乗せているので、きちんとお客さんのことも意識しているかが全体のなかでチェックされるようだ。

 決められたコースを走っていると試験官が「そこのバス停で停めてください」と突然指示を出してくるそうだ。写真Aのようなシチュエーションで、前述の指示が出た場合どこに停めるのがベストだろうか? 答えは写真のバス停から10メートルを越える手前に停めることになる。

二種免許

 それはなぜかといえば営業運行中のバス停から半径10メートル以内が駐停車禁止となるからだ。「それならバス停から先10メートルを越えた場所ならいいいのでは?」との意見もあるだろうが、バス停の先は交差点が連続しており、駐停車禁止エリアに停めてしまうことになるのである。タクシーの乗降は駐停車禁止エリアでは、法令上はできないのである。

 今度は写真Bを見てもらいたい。路肩スペースが比較的たっぷりとってあり、片側1車線の道路にしては余裕のある道路だが、このような道路で試験官が突然「ここで転回させてください」と言ってくるそうだ。このときは安全を確認してから転回を始めるのだが、フェンダーミラー(タクシーなので)、ルームミラー、目視をフルに行い、どれだけ円滑に転回ができるのかがチェックされる。

二種免許

 ひとつひとつの試験項目をこなすだけでは不合格になることも多い。お客さんを乗せていることが前提なので、お客さんをどれだけ意識して運転できているか(発車時に後席を向き安全確認がせきているかなど)、そして一種と大きな違いは危険認識の視野をどれだけ広く持てているかもチェックされているのだ。

 たとえば信号のある交差点を通過しようとした際、正面の信号だけ見て、黄色になったから加速して抜けてしまうと減点対象となるようだ。脇にある歩行者信号が点滅しはじめたので、減速して時間調整し、自分の進行している信号が黄色から赤になるのを待って停車するのがベストとされている。道路を走っていたら、枯れ木が風で試験車の前にきたが、そのまま踏んでしまったら検定中止になったという話もある。踏んでしまうのはやむを得ないが、アクセルを抜いたりしないと、危険予測ができていないと判断されるようだ。

画像ギャラリー