オシャレなフィアット500をもっとオシャレに! イタリア語で“オシャレな”を意味する限定車が登場 (1/2ページ)

オシャレなフィアット500をもっとオシャレに! イタリア語で“オシャレな”を意味する限定車が登場

初導入のボディカラーとシートにブラウンレザーを採用

フィアットのプレミアムコンパクトカー「500」に、イタリア語で”おしゃれな”を意味する限定車「アッラモーダ」が登場。100台限定で発売中だ。

【関連記事】【ニッポンの名車】日本初のミッドシップ量産車! 初代トヨタMR2

フィアット500アッラモーダ

「フィアット500アッラモーダ」は、69馬力/10.4kg-mを発生する1.2リッター直列4気筒SOHC 8バルブエンジンとATモード付き5速シーケンシャルMT「デュアロジック」を搭載するモデルと、装備が充実した「ツインエアラウンジ」の魅力を併せ持った、通常は設定のない「1.2ラウンジ」がベース。フィアット500アッラモーダ画像はこちら

ボディカラーは初導入となるアバンギャルドボルドーと、人気のボサノバホワイトの2色を設定し、特別装備のクロームミラーカバーや「ラウンジ」特有のクロームパーツをアクセントとして加えることで、エクステリアの美しさを際立たせた。フィアット500アッラモーダ画像はこちら

またシートには、イタリアの高級家具メーカー「ポルトローナ・フラウ」のブラウンレザーを採用。インテリアもおしゃれで上質に仕上げられている。 販売台数はアバンギャルドボルドー、ボサノバホワイトとも50台ずつで、ハンドル位置は右のみ。価格は238万6800円。

画像ギャラリー