「何t(トン)トラック」の何tって何を指すの?

「何t(トン)トラック」の何tって何を指すの?

この記事をまとめると

◼︎免許に記載されている数字とはまた別

◼︎車両総重量のことを指しているわけではない

◼︎免許に記載されている数字の「車両重量を有する車両」に乗れる

最大積載量を示し運転免許記載の限定条件のトン数とは異なる

 トラックの分類でよく耳にするのが、10t車などという表記。そのほか、2tや4tなど、いろいろとあって、数字=トラックの大きさだろうな、というのはわかる。

【関連記事】【疑問】大型トラックに義務化の速度リミッターが大型バスに義務化されない理由とは?

トラック画像はこちら

 この10tというのは、最大積載量のことで、もちろん積める荷物の量を指している。だから数字=トラックの大きさと考えてかまわない。

トラック

 では、この最大積載量はどうやって決められるのかというと、まず車両総重量というのがあり、これは大型だと上限25tで、一般的には20tとすることが多い。これが大きすぎると、道路を痛めたり、橋を壊したりするので、数値が決められている。

トラック画像はこちら

 この車両総重量は最大積載量と車両そのものの重量。さらに55kgを定員でかけた数字も加えて出されている。乗用車でも車検証を見ると、車両総重量の欄があるが、計算としては同じだ。つまりトラックというのは、積みたい重量があってそれに合わせて車両を作るのではなく、車両の規格から逆算して積める量が決まると考えていい。

トラック画像はこちら

 つまり車体が重たければ、積む量は減るし、軽く作ればその分でたくさん荷物は積める。もちろん闇雲に軽量化してしまうと、強度が落ちるので、限界はある。結局のところ、車両総重量20tだと、積載量は10tぐらいに落ち着く。

トラック画像はこちら

 ただし、トラックは架装メーカーによって荷台部分が用途に合わせて個別に作られるのだが、この際に装備が増えると積める量は減るし、箱型のウイングボディよりも、開放型の平ボディのほうがたくさん積める。

トラック画像はこちら

 ただし、免許の記載は注意が必要だ。最近いろいろと話題になっているように、普通免許で乗れるt数が書いてあることがある。「中型車は中型(8t)に限る」という場合の8tは最大積載量ではなく、免許の場合は車両総重量を指すので要注意だ。

トラック画像はこちら

 8tの場合は、最大積載量だと4tもOKのことが多く、そこそこ大きいトラックになるのだが、定員は最大で10人までなので注意が必要だ。

画像ギャラリー