【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その29 (1/2ページ)

フランクフルトモーターショー2017見て歩る記

 もうすぐ東京モーターショーが開催されます。その前に開催される世界5大モーターショーのひとつ、ドイツ・フランクフルトモーターショーに今年も行ってきましたので、その模様を写真で振り返りたいと思います。

1)気が付けば久しぶりの一人旅

 そういえばこのところ、海外に行くにしてもいつも仕事なので誰かしらと一緒。なのに今回は本当の一人。と思っていた矢先、なんと私の後ろの席にはモータージャーナリストの舘内端さんと日本EVクラブの石川さん。ちょっとホッ。フランクフルトモーターショー2017

2)機内では「上海」と「吉野家の牛丼」

 飛行機は新しい787でエコノミーだけど快適。私のお気に入りのマージャンゲーム「上海」があるし。そしてうわさに聞いていた吉野家の牛丼が朝ごはん(?)で出ました! 味が濃い、と思ったら、気圧が下がると味覚が感じにくいので濃い味付けにするそうです。

3)前夜祭は「マセラティ」×「ゼニア」

 なぜかドイツなのにドイツメーカーではなく、マセラティのパーティに潜入。ドイツのセレブなお洒落さんたちが集い、いつものフランクフルトショーとは雰囲気がまったく違います。ちなみにマセラティのクアトロポルテにはゼニアと共同開発したシートが搭載されている繋がりのようです。フランクフルトモーターショー2017

4)プレスデー初日はBMWから

 プレスデー初日。まずは朝一番で始まるBMWのプレスカンファレンスからスタート。入口から一番遠い場所にあるホールのため、メディアシャトルを使って構内を移動。歩いたら15~20分ぐらいかかりますから!

5)BMWの「コンセプトZ4」

 2018年に発売される新型「BMW Z4」をイメージするコンセプトカー「コンセプトZ4」。BMWはトヨタと共同開発で、BMWからは次期型「Z4」、トヨタは次期型「スープラ」の後継車を発売するとの噂。フランクフルトモーターショー2017

6)今年も「メルセデスの館」は凄かった!

 ドイツ御三家のなかでもとりわけ見た目の気合入りまくりのメルセデス・ベンツの館。今年もドーンと吹き抜けにしてホール丸ごとリノベーション。ダイムラーのプレスカンファレンスは、生演奏でスタート。新型Sクラス、「スマート ヴィジョン EQ フォーツー」、「コンセプトEQA」、「GLC F-CELL」と続きます。フランクフルトモーターショー2017

7)「まさかのモーターショー会場にいるのにネット中継」

 とくにドイツ系ブランドのブースは劇混み。アウディのブースも早めに行って場所確保……の予定でしたがすでに出遅れ。結局、フォルクスワーゲンのプレスカンファレンスは隣のアウディブースで見て、アウディのプレスカンファレンスは目の前にいるのにあまりの人の多さで、ネットのライブ配信を見ていたという残念さ。フランクフルトモーターショー2017

8)「アウディのコンセプトカー ELAINEのエンブレム」

 自動運転のレベル4を搭載するEVのSUVクーペモデル「ELAINE(エレーヌ)コンセプト」。なかでも私が気になったのは、リアのアウディのエンブレム「フォーリングス」が浮き出て見えるデザイン。よく見たら「エレーヌ」はフロントのエンブレムも光っているし、もうひとつのコンセプトカー「AICON(アイコン)」も「フォーリングス」で遊んでいます。フランクフルトモーターショー2017

9)「ブガッティ・シロン」

 思わず二度見してしまうクルマNo.1は「ブガッティ シロン」。黒のボディカラーに鮮やかな水色のポイント使い。グリルにも同色の「42」の文字。これは元F1ドライバーのファンパブロ・モントーヤが達成した0-400km/hの世界記録が42秒ということだとか。フランクフルトモーターショー2017

10)「ランドローバー ディスカバリーSVX」

 ディスカバリーの最高峰「ディスカバリーSVX」を世界初公開。専用色のテクトニックグレイにオレンジのアクセントが鮮やか。ディスカバリーシリーズでは初の油圧式アクティブ・ロール・コントロール(H-ARC)で本格派オフロードでも安定走行が可能になるそうです。

フランクフルトモーターショー2017

画像ギャラリー