シルバールーフと安心度アップでますます魅力的! スズキ・ハスラーに2種類の特別仕様車登場

安全装備の充実や専用2トーンカラーを採用

 スズキは、軽乗用車「ハスラー」に、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」など、魅力的な装備を標準装備した特別仕様車「FリミテッドII」と「J STYLEIII」を設定し、12月4日より発売した。

スズキ・ハスラー

「FリミテッドII」はGをベースにし、「スズキ セーフティ サポート」に含まれる、衝突被害軽減ブレーキのレーダーブレーキサポートと誤発進抑制機能を搭載。

 また、メーカーオプションとしてデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を設定。また、全方位モニター用カメラパッケージをセットで選択が可能となり、安全性が大幅にアップした。

 ハスラーでは初採用となるスチールシルバー2トーンルーフや、ボディカラー同色の専用前後バンパーガーニッシュを備え、クールさとアクティブさを演出している。

 さらにLEDサイドターンランプ付きドアミラーや、空気の浄化や脱臭・除菌、そして美容に効果を発揮する「ナノイー」搭載のフルオートエアコンを標準化するなど、利便性と快適性を向上させた。

 ボディカラーは、全車にスチールシルバー2トーンルーフを採用した、ブリスクブルーメタリック、アクティブイエロー、クールカーキパールメタリック、ブルーイッシュブラックパール3の全4色を設定している。

スズキ・ハスラー

 インテリアには、ボディカラーに合わせた専用スピーカーリングや、ガンメタリックのステアリングガーニッシュやエアコンガーニッシュなどを装備し、スタイリッシュな空間に仕立てた。

スズキ・ハスラー

 特別仕様車「J STYLEIII」は、「スズキ・セーフティ・サポート」として、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載し、さらに全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプションに設定している。

スズキ・ハスラー

 X/Xターボをベースに、エクステリアにはスモークメッキを施した専用フロントグリルと“HUSTLER”アルファベットエンブレムを配し、SUVテイストをプラスするルーフレールも標準装備。

 ボディカラーは、スチールシルバー2トーンルーフとブラック2トーンルーフを採用した、ブレイブカーキパール、アーバンブラウンパールメタリック、アクティブイエロー、フェニックスレッドパール、オフブルーメタリック、シフォンアイボリーメタリック、ピュアホワイトパールの全7色を設定している。

スズキ・ハスラー

 インテリアには、チタンシルバーをアクセントとしたエアコンガーニッシュなどを備え、大人な雰囲気のネイビー色のインパネ、ネイビー&ブラウンカラーのレザー調とファブリックのシート表皮を採用。より上質感にこだわり、シックな落ち着いた印象とした。

スズキ・ハスラー

 男性にも女性にも喜ばれる見た目や、充実した装備の数々は魅力的。どちらの特別仕様車にしようか、何色にしようか、わくわくする悩みは尽きないだろう。

 なお、メーカー希望小売価格(税込)は、特別仕様車FリミテッドIIは143万1000円(155万7360円)、特別仕様車J STYLEIIIは158万4360円(171万720円)、特別仕様車J STYLEIIIターボは167万8320円(180万4680円)。
※()内は4WDの価格

画像ギャラリー