ドライブレコーダーの取付位置に注意! 場所によっては違法のケースも

noteで書く
ドライブレコーダーの取付位置に注意! 場所によっては違法のケースも

この記事をまとめると

■ドライブレコーダーの需要は日に日に増えている

■取付位置によっては違反になることもある

■DIYで装着する場合の注意点について解説する

ルームミラーよりも低い位置だと死角で見えないことも

 走行中の風景、音声が録画できるということで、需要がどんどん増えてきているドライブレコーダー。吸盤やサンバイザー用フックなどを使って、簡単に取り付けられる製品も多いが、フロントガラスに何かを貼ったり、取り付けたりするのには、細かい規則が定められているので要注意。

【関連記事】【注意】フロントガラスに初心者マークやお守りなどを付けるのはNG!

ドライブレコーダー

 ドライブレコーダーの取り付け位置は、「道路運送車両の保安基準(第39条)」で、以下のように定められている。「道路及び交通状況に係る情報の入手のためのカメラ」=ドライブレコーダーは、「ガラス開口部の実長の20%以内の範囲」または「車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲」に取り付ける場所が規定されている。ドライブレコーダー画像はこちら

 簡単にいえば、「フロントガラスの上部から20%以内の場所」もしくは「ルームミラーの裏側」につけなさいという話。「フロントガラスの上部から20%以内の場所」というのは、ほぼルームミラーのある高さなので、いずれにせよルームミラーの場所を基準に考えればOK。また、検査標章(車検ステッカー)などに重なるのもご法度。ドライブレコーダー画像はこちら

 当然、視界の妨げになる場所や、ルームミラーに干渉する場所もNG。もうひとつ、法的には問題ないもののきれいに録画するために、ワイパーの可動範囲内に収まるよう取り付けるのもポイント。その他、フロントウインドウの上部が着色されているようなクルマは、その着色部を避けるのも大事。ドライブレコーダー画像はこちら

 あとは、付属の吸盤や器具、専用の両面テープなどを使って、しっかり取り付けることも肝心。DIYで取り付けしやすいタイプのドライブレコーダーもたくさん出回っているので、取扱説明書をよく読んで、保安基準に適した取り付け方で活用しよう。(工賃を払えば、カー用品店などで、配線、取り付けなどもやってもらえるので安心)

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報