新型ホンダN-BOXはライバルにどこ勝っている? スーパーハイト軽4台比較 (4/4ページ)

軽らしからぬ外観が魅力の日産デイズルークス/三菱eKスペース

 燃費不正問題が取り沙汰されたものの、実用性の高さは申し分ないファミリーユースに適した能力を持つ。小さな子供を乗せるうえでの配慮も万全で、クルマで過ごす時間を楽しく優しくサポートする思いやりにあふれている。内外装デザインのセンスのよさは競合車種のなかでも抜きん出ている。

新型ホンダN-BOX

 後席に風を送って空気を循環させるリヤサーキュレーターが備わる(グレード別設定)など、車内の快適性についての配慮は万全だ。また、タッチパネルエアコンは上質な雰囲気を演出するとともに、大きなスイッチと明るい白色照明、作動音によって操作性も抜群。

新型ホンダN-BOX

  

 デイズルークスとeKスペースの魅力は、内外装のデザインや質感の高さ。この点はN-BOXよりも秀でている。ただし、N-BOXもモデルチェンジによって車内は上質なデザインと作りになり、チープなスモールカーという印象は皆無だ。

新型ホンダN-BOX

 スイッチなどの操作系も扱いやすく、誰もがスマートにドライブできる。なにより、ファミリーカーとしての利用を前提とするなら使い勝手がよく、安全で走りもいいという点は大きなアドバンテージとなる。

新型ホンダN-BOX

「日本にベストなあたらしいのりものを創造」をテーマに登場した初代N-BOXは、ファミリーにとってベストな選択として認知された。ライバルと目されるクルマとあらためて比べてみると、売れ筋になっている理由も納得できる。

新型ホンダN-BOX

 N-BOXが現在に地位を築く原動力となったのは、軽自動車の常識を超える価値にある。それらは新型でさらに磨かれ、これまで以上に強い訴求力となっている。今どきの軽自動車はファミリーにとってベストチョイスだが、もちろんファミリー以外のユーザーにとっても魅力あふれるクルマと言えるだろう。

画像ギャラリー