東京電力のeチャージポイント対象車としてポルシェのPHVが追加

自宅で充電するだけでお得にポイントゲット!

 ポルシェジャパンは電動車両の普及を促進する活動として、東京電力エナジーパートナーが展開する「eチャージポイント」の対象車両に、ポルシェの全プラグインハイブリッドモデルが加入することを発表した。また、すでに販売した車両や今後導入する予定のプラグインハイブリッドモデルも対象となる予定だ。

ポルシェハイブリッド

「eチャージポイント」とは、関東・中部・関西エリアにて導入された新しい電気料金プラン(スタンダード/プレミアム/スマートライフ/夜トクの各プラン)にユーザーが契約し、かつ対象車両である電動車両(電気自動車/プラグインハイブリッド車)を持っている場合に、ポイントが貯まるという日本初のサービスである。

ポルシェハイブリッド

 ウェブサイトから本サービスに登録し、自宅での月間電気使用量が300kWh以上の場合、毎月300ポイント、合計すると年間最大3600ポイントを貯めることが可能だ。

 なお、サービス適用開始日の翌日から「くらしTEPCO」の会員サイト上で300ポイント(1ポイント=1円相当)が提供される。貯めたポイントは、1ポイントからTポイントやPontaポイントとして利用可能。スーパーやコンビニエンスストア、レストラン、インターネットショッピング、さらには電気料金の支払いなど幅広く利用できる点が魅力である。

ポルシェハイブリッド

 サービス加入条件は、東京エナジーパートナーとの電気需給契約者本人または、同居の家族名義で対象車を所有していること。加えてスタンダード/プレミアム/スマートライフ/夜トクの各プランのいずれかの電気料金プランを契約し、戸建住宅に住んでいて自宅に充電設備があることが条件となる。

 ちなみにポルシェの対象車種は以下のとおり。

 カイエン S E-Hybrid
カイエン S E-Hybrid Platinum Edition
パナメーラ S E-Hybrid(2013〜2016)
パナメーラ 4 E-Hybrid
パナメーラ 4 E-Hybrid Executive
パナメーラ 4 E-Hybrid Sport Turismo

 このほかにも、国産車はトヨタ・プリウスPHEVや日産リーフ、三菱アウトランダーPHEV、海外メーカーではBMWやMINI、フォルクスワーゲンなども対象となる。また、今なら新しい料金プランの加入特典として、毎月の電気料金支払金額1000円(税抜き)につき5ポイントが貯まるので、この機会に申し込みを考えてみてはいかが?

画像ギャラリー