【試乗】新型トヨタ・ヴェルファイアならこれか? 新エンジン3.5リッターV6の強烈な完成度 (1/2ページ)

ハイブリッド全盛でもガソリン車の動力性能も人気が高い

 国内LLクラスミニバンの75%のシェアを誇るのが、トヨタ・アルファード&ヴェルファイア。2015年1月に登場したヴェルファイアの2代目は、クラウン・アスリート以上の存在感を放つ大空間サルーンだ。

トヨタ・ヴェルファイア

 その2代目は、2列目シートに、ベンチシート(8人乗り)、リラックスキャプテンシート(7人乗り)、エグゼクティブパワーシート(7人乗り)に加え、最上級のVIP仕様となるエグゼクティブラウンジシートを追加。特にエグゼクティブラウンジはそれこそ新幹線のグランクラスを思わせる2脚が大空間にすき間なく並ぶ、特別なVIP向けの豪華極まる格納多機能リモコン、ウッドテーブル付き座席である。

トヨタ・ヴェルファイア

 とはいえエグゼクティブラウンジは約700万円からのVIP価格もさることながら、3列目席の乗り降りの自由度を高める2-3列目スルーができない仕様。ファミリーユーザーであればグランクラス感覚の豪華さと、2-3列目席スルー(通路幅約145mm)の実用性を兼ね備えたエグゼクティブパワーシート仕様がベターな上級選択かもしれない。

トヨタ・ヴェルファイア

 エグゼクティブラウンジは秘書が素早く3列目席に乗り込み降りることを想定した新機能さえあるから(レバーを引くだけで背もたれが前に倒れ、シートが前にスライドしオットマンも格納されるマニュアルウォークイン機構。4月納車から展開予定)、スマート&楽々ではあるのだが、それでも3列目席の乗降はウォークインに限られ、3列目席からの前方見通し性でもエグゼクティブパワーシートに一歩譲るのだ。

トヨタ・ヴェルファイア

 もちろん1列目席の豪華さもさすがトヨタ最上級ミニバンならでは。運転していることを忘れさせてくれる……は大げさだが、下界を見下ろすような視界、快適感は2列目席に決して劣らない。ロールブラインドの用意もある3列目席にしても、1-3列シアターレイアウトのシート座面が2列目席よりさらに高く、見晴らし良好。USBソケットなどは付かないものの、ミニバンとして豪華すぎる空間である(2列目席がある程度前に出ていれば)。

トヨタ・ヴェルファイア

 マイチェンしたヴェルファイアは内外装デザインの刷新とともに、大きなトピックとして第二世代のトヨタセーフティセンスを全グレードに標準装備。トヨタがプリクラッシュセーフティと呼ぶ自動ブレーキは新たに昼間の自転車、夜の歩行者にも対応。10~180km/h対応の渋滞追従機能付きレーダークルーズコントロール(ACC)、そして第二世代セーフティセンスの売りであるレーントレーシングアシストを新搭載。

トヨタ・ヴェルファイア

 従来からあるレーンデパーチャーアラートに加え、半自動運転につながる車線の中央を維持して走る機能や車線を逸脱しそうになるとステアリングアシストで車線内に引き戻してくれる先進機能も実現している。さらにロードアサインアシスト(標識認識機能)、先行車発進告知機能、さらにセーフティセンスとは別にブラインドスポットモニターなども用意。マイチェン前とは別次元の先進安全運転支援機能を手に入れたことになる。

トヨタ・ヴェルファイア

 基本的な走行性能、快適性能関連の進化も見逃せない。操縦性や快適性にかかわるボディ剛性を一段と高め、静粛性をさらに高めるため吸音材を各所に配置するとともに、風切り音低減のためドアミラーベースの空力を改善している。とくにこのエグゼクティブラウンジでは1列目席、2列目スライドドアのガラスを防音性の高いラミネートタイプに格上げ。ドアまわりの密閉性までもを改良しているほどだ。

トヨタ・ヴェルファイア

 また、足まわりにはダンパーに新バルブを採用する。微低速域から減衰力を上げてゴツゴツせず、ボディの無駄な動きやバネ上のグラグラ感を押さえ、振動低減や操舵応答性を向上。ステアリングを切ったぶんだけすっきりリニアに曲がるロール方向に逃げない乗り味を追求しているという。

 では、上顧客と言えるヴェルファイアの上級グレードを購入するユーザーは、先進性あるEV走行も可能なハイブリッドと、ゆとりある加速力が魅力の3.5リッターV6とどちらが好みなのか? 答えはここで試乗したZG、つまり後者である。

トヨタ・ヴェルファイア

 そこでトヨタは上顧客の期待に応えるべく、V6エンジンを一新。北米仕様のシエナ、ハイランダー、カムリ……と積まれてきたトヨタとして国内初のD-S4 3.5リッターV6(301馬力/361N・m+8速ATのFF用ユニット)を新搭載。0-100km/h加速は約8.2秒(以前は8.5秒)。ハイブリッドの10.7秒、2.5リッターガソリンの11.3秒を圧倒する駿足ぶりだ。

画像ギャラリー