【大阪オートメッセ2018】話題のスイスポなどスズキブースは4台のコンセプトモデルを展示

ハスラーのようなアウトドア向きテイストのスペーシアに注目!

2月10日(土)より12日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2018」。ホール3にブースを構えるスズキは、「クロスビー ウィンターアドベンチャー」、「スペーシア トールキャンパー」、「キャリイ フィッシングギア」、「スイフトスポーツ オートメッセバージョン」、4台のコンセプトモデルを中心にブースを展開した。大阪オートメッセ

「クロスビー ウィンターアドベンチャー」は、ブルー迷彩を基調としつつ「XBEE」ロゴやホイール、ミラーなどに黄色のアクセントを加えたビビッドな内外装にスノーボードキャリアを装着した、よりアクティブにウィンタースポーツを楽しむためのコンセプトモデル。

大阪オートメッセ

「スペーシア トールキャンパー」は、キャンプや野外イベントに出かけるシーンをイメージ。ゴールドイエローと白の2トーンで彩られた内外装に、オフロードタイヤ、アンダーガード、パイプ状のルーフレールを装着してSUVテイストを融合した。大阪オートメッセ

「キャリイ フィッシングギア」は、キャビンを後方に拡大して室内の収納力とドライバーの快適性を高め、荷台には釣り竿を安全に固定できるキャリアを装着。内外装にはあらゆるフィッシングポイントへたどり着ける高い走破性をイメージし、カーキの迷彩模様を与えている。大阪オートメッセ

「スイフトスポーツ オートメッセバージョン」は、マットブラックの車体色にブラックメッキのグリルを組み合わせたほか、前後左右のアンダースカートや前後ドア下部のデカール、ドアミラーに真紅のアクセントを加え、スポーツイメージを強調する。大阪オートメッセ

この中で、ハードルは高いものの市販化が実現すればヒットする可能性が高そうなのは「スペーシア トールキャンパー」と「キャリイ フィッシングギア」。クロスオーバーモデルは価格帯やサイズ、ジャンルを問わずニーズが強く、しかも背高軽ワゴンや軽トラックとのクロスオーバーモデルは現時点で存在しないだけに、1日も早い発売を期待したい。

画像ギャラリー