ワゴンやSUVのルーフレールは装備すべき? メリットだけじゃなくデメリットも確認 (1/2ページ)

noteで書く
ワゴンやSUVのルーフレールは装備すべき? メリットだけじゃなくデメリットも確認

車内には積みきれない荷物を載せるならメリットは大きい

 ワゴンやSUVの象徴でもあるルーフレール。ルーフレールにキャリアをつければ荷物の搭載量が大幅に増え、スキー板や自転車など、車内には積みきれない大きなものも運べるようになるなど、多目的な用途が広がる装備として、古くから親しまれている。

【関連記事】【疑問】スポーツカーメーカーがこぞってSUVを出すわけとは?

ルーフレール画像はこちら

 ルーフレールはアウトドアレジャーを楽しむ人には欠かせないので、ワゴンやSUVでは装着率が高い。また実用面だけでなく、ルーフレールの付いたクルマの雰囲気が好きという人も多く、ファッションで付けられる場合もある。

ルーフレール画像はこちら

 SUBARUのXVなど、SUVでもルーフレールのない仕様が選べる車種もあるが、やはりルーフレールがあるとSUVらしさが強まる。逆に付けない状態では全高の低いホットハッチ的な雰囲気が強まる効果もあり、好みがわかれるところだ。ワゴンやSUVでは、ルーフレールの装着を前提としてデザインされる場合が多いという。

ルーフレール画像はこちら

 ワゴンやSUV以外でも、昔はワゴンRやムーヴなどのハイトワゴン系の軽自動車でもよく装備されたが、やはり実用性や機能性を拡張するための装備として重宝されてきた歴史がある。

ルーフレール画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報