ボディへの飛び石放置はNG! 誰でもできる対処法とは (1/2ページ)

noteで書く
ボディへの飛び石放置はNG! 誰でもできる対処法とは

この記事をまとめると

■飛び石で塗料が剥げても白い下地が出ている場合はさび止めが活きているので緊急性はなし

■白い下地が見えていない場合は鉄板までキズが達しているのですぐに対処したい

■中性洗剤で洗っってタッチペンのインクを爪楊枝でタッチアップするのが手軽で容易い

鉄板が剥き出しになっている場合は早めに補修

 ダンプカーの後ろを走っていたりすると、突然当たるのが飛び石だ。最悪の場合、ガラスが割れてしまうのだが、そうならないにしても塗装が剥げたりすることもある。ピシッと点で当たるので、大きく凹むというよりも点で塗装が欠けるといった感じだ。大ダメージというわけではないが、放置するのもなんとなく気がひけるものだ。

 塗装が欠けてしまうということは鉄板がむき出しになることもあって、そうなると放置どころではなくなってしまうのでなんとかしたい。もちろん早期発見が重要になるので、洗車のときにでもボンネットやルーフまわりを点検しておくといいだろう。

【関連記事】【疑問】フロントガラスが飛び石被害にあったらどうする?

飛び石画像はこちら

 では、見つけたらどうするか? 表面だけ欠けて、白い地が出ている場合はさび止めが活きているので緊急性はなし。白い地が見えない場合は鉄板まで出ている可能性があるので、至急対策をする必要がある。

画像ギャラリー


新着情報