普段は平気なのに高速道路でハンドルがブルブル振動する原因とは

多くはタイヤやホイールに原因がある

 街中では気にならないのに、高速道路を走るとハンドルからブルブルと振動が伝わってくる……。アライメントでも狂っているのだろうか? と思うかもしれないが、こうしたハンドルの振動は、タイヤかホイールに問題がある場合が多い。ハンドルの振動

 タイヤはクルマの回転体で一番大きなパーツ。そのタイヤが何らかの理由で、きれいに回っていないと、ハンドルや車体にバイブレーションが伝わってくるというわけだ。こうした場合、まずチェックしたいのは空気圧。空気圧にばらつきがあれば、そのタイヤがパンク、もしくはエア漏れを起こしているので、点検・修理が必要だ。ハンドルの振動

 空気圧に問題がなければ、ホイールナットが緩んでいないか締め付けトルクをチェック。これもOKだったら、タイヤショップに行って、ホイールバランスを取りなおしてもらおう。専用のバランサーにかけて、回転させ、そのときタイヤが縦振れ・横振れを起こしていないか目視で確認。ハンドルの振動

 走行中にバランスウエイトが飛んだり、ずれただけなら、バランス調整だけで済む話。ほかにはホイールをぶつけてしまい、曲がりや歪みがある場合もある。また、タイヤのビートが上がりきっていなかった、というケースもじつは少なくない……。ハンドルの振動

 さらに言えば、タイヤの真円が出ていなかったり、車体に取り付けるときに、ホイールの芯(センター)が出ていなかったりすることも影響する。いずれにせよ、ノウハウを持ったタイヤ整備士の点検を受けるのがベスト。ハンドルの振動

 アライメント調整は、

・ハンドルのセンターがずれている
・まっすぐ走らない(フラフラする)
・タイヤが片減り、偏摩耗する

 といったときに必要で、高速になるとハンドルがブルブル振るえるというのは、タイヤ・ホイールから疑っていこう。

 なお、高速走行になるとハンドルが振るえるといっても、こうした振動は高速走行時だけに生じる現象ではなく、実際はゆっくり走っているときは気づきにくいだけ。速度が上がるにつれ、その振動が大きくなって顕著になるだけなので、「めったに高速道路には乗らないから……」と放置せず、おかしいなと思ったら、すぐに点検するようにしよう。ハンドルの振動

画像ギャラリー